スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界エイズデー

今日、12月1日は世界エイズデー。はじめて知りました。
世界エイズデー、タイでの取り組みは

 12月1日は世界エイズデーです。日本では、去年1年でHIVに新たに感染した人数は、91年の200人から1000人あまりと、およそ5倍に増えています。一方、同じアジアの国、タイでは14万人からおよそ10分の1に減らしていますが、いまだ1万人を超える多くの感染者が出ています。

 日本とタイ、数の傾向に違いはあるが、若者の感染者が減らないという点で同じ問題に直面しています。タイでエイズを発症した人の現状を取材しました。

 タイの首都バンコクから北へおよそ2時間。「ホスピス寺」と呼ばれる寺があります。こちらの寺では、HIV感染者やエイズ患者など、常に100人以上が暮らしています。

 「一緒に住むとうつる」、そんな知識がないゆえの偏見から家族や地域社会に見放され、行き場を失った人たちが暮らしています。

 「日に日に体調が悪くなり、家族や近所の人に疎まれ、この寺に来ることを決心しました」(女性患者)

 28歳のこの女性患者は、19歳のとき夫からHIVに感染。その事実を知りながら治療を怠ったため、1か月前に発症しました。53キロあった体重は15キロも減り、ほとんどの時間をベッドで過ごしています。

 「冬に死ぬ人が多いけど、この冬を越せれば、もう少し長く生きられるかもしれませんね」(女性患者)

 この寺院のもう1つの取り組みは「啓もう活動」です。正しい知識を持ってもらうため、一般の人々や学生などに患者の居住スペースを公開したり、亡くなった患者の感染経路などを説明したパネルを公開したりしています。

 「エイズ患者の苦しみを知る良い機会です」(見学に訪れた人)

 タイでは、政府が性風俗店などに無料でコンドームを配布したため、新たな感染は徐々に減少しました。また、値段を抑えた薬の開発が功を奏し、死者数も10年前に比べて2割以下にまで減りました。しかし、懸念材料はあります。

 「10代など若者の感染拡大を防ぐことが一番の課題です」(タイ保健省・ノパモンディ副保健相)

 コンドームを使用せず異性と関係を持つ若者が増え、その一方で、HIV検査を受けていないため感染を自覚していない若者がかなりの数に上ると言われていて、その対策を急いでいます。

 「男性も女性も自分の身は自分で守るしかない。HIVに感染すると、家族にも大きな影響があるから」(女性患者)

 もしHIVに感染していても、発見が早く治療を受けながら生活することにより、発病を抑えることができます。まずは検査が大切です。検査は全国の保健所で無料、匿名で受けられます。(01日19:33)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4298087.html

ホスピス寺とは驚きました。すごいですね。進んでいますね。タイって。
エイズの予防や治療について、正しい知識が大切であることが、改めて実感しました。また、偏見についても。
 【「一緒に住むとうつる」、そんな知識がないゆえの偏見から家族や地域社会に見放され、行き場を失った人たちが暮らしています。】と。
辛いですね。偏見によって、排除されていく…。
そのような偏見は一切なくなるように、私たち市民の人権意識の高まりと広がりが求められているのでしょうね。
スポンサーサイト

昨日20日は「児童の権利条約」採択20年

昨日20日は「児童の権利条約」採択20年だったのですね。今日、気づきました。
昨日のエントリーで、ソマリアの記事を挙げましたが、知らなかったので、ちょっと恥ずかしい。でも、グッドタイミング。

記事紹介。
10億人の子供に支援呼び掛け 権利条約20年でユニセフ
2009年11月21日 11時08分
 【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ、本部ニューヨーク)は20日までに、今年が「児童の権利条約」採択20年となるのに合わせ報告書を発表、全世界で「なお約10億人の子供に十分な食料・住居・水が与えられていない」と指摘、各国に一層の取り組みと支援を呼び掛けた。

 ユニセフのベネマン事務局長は20日、ニューヨークの国連本部で行われた記念式典で演説、条約の履行努力で「過去20年で5歳以下の子供の死亡率が28%下がった」と評価した。一方で現在も多くの子供が暴力や搾取、差別にさらされており「われわれがなさねばならないことは決して少なくない」と指摘した。

 国連の潘基文事務総長も「児童の権利条約により子供に初めて人権が認められた」とたたえた。

 報告書では同条約発効後、感染症の罹患率の減少や初等教育を受ける子供の数が増加したと評価。一方「年間、5億から15億人の子供が暴力の被害を受けていると推測される」と強調した。


私がいつも政治の勉強のお世話になっているブログ「村野瀬玲奈の秘書課広報室」さんが、【「子どもの権利」は日本で本当に守られているか? (「子どもの権利条約」20年に寄せて)】に詳しく説明されている。関心のある方は、ぜひご覧下さい。

ハンセン病 患者差別の歴史重く 大津 天台宗がパネル展

ハンセン病 患者差別の歴史重く  大津 天台宗がパネル展 Kyoto Shimbun 2009年11月21日(土)
ハンセン病患者90年の隔離の歴史を伝える写真などを集めた「天台宗人権啓発パネル展」が20日、大津市坂本6丁目の生源寺で始まった。患者への差別問題に取り組む天台宗が開いた。

 患者が漬けられたという消毒槽や群馬県の国立療養所に設置されていた堅固な造りの独房監禁施設跡の写真のほか、ハンセン病が遺伝しないことなどを主張し、差別の撲滅に取り組んだ小笠原登医師に関する資料など約50点を展示している。
 22日まで。午前9時~午後4時。無料。27日午後2時からは、元民放アナウンサーでハンセン病患者問題に詳しい藪本雅子さんの講演を宗務庁で行う。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009112100036&genre=K1&area=S10

いいぞ!天台宗。仏教の経典でハンセン病を差別しているのだから、このような取り組みは、とても意味がある。経典のその言葉も否定してほしいが、どうなのか。

「石打ち」で女性を公開処刑=ソマリア

「石打ち」で女性を公開処刑=ソマリア
 【ロンドン時事】アフリカ東部ソマリアのイスラム系武装勢力アル・シャバブの支配下にある村でこのほど、姦通(かんつう)罪で有罪を言い渡された女性(20)に対し、死ぬまで石を投げ付ける「石打ちの刑」による公開死刑が執行された。
 英BBC放送によると、離婚後に未婚男性と関係を持ったとされるこの女性は17日、約200人の群衆の目前で石を投げられ、死亡した。男性は100回のむち打ちに処されたという。
 アル・シャバブの支配地域では厳格なイスラム法が適用されており、アル・シャバブの解釈では、離婚後でも不倫と見なされる。支配地域で姦通罪で石打ちの刑が執行されたのは昨年以降で少なくとも4例目。(2009/11/19-06:28)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009111900057

ちなみに、子どもの権利条約の締約国・地域の数は193。未締約国は、アメリカ合衆国 (1995年2月16日署名) ソマリア(2002年5月署名)の 2カ国のみ。
ソマリアは、世界からほとんど無視されている貧しい国。子どもの権利もみとめられていない。その政府もほとんど政府とはいえない、暫定的なもの。先進国により漁場があらされ、先進国は船で持ってきた産業廃棄物をゴミ捨て場のようにそこへ捨てる。訴えようにもソマリアにちゃんとした政府はないのだ。国際社会は、これをこのまま放置しておくのだろうか。

ハンセン病「隔離の100年を問う」集会に参加した

昨日の夜は、ハンセン病「隔離の100年を問う」集会に参加した。昨日の朝に、それを知って、急遽予定を入れた。時間がとれたのでよかった。

いままで、この問題については、テレビでのドキュメンタリー番組で見た知識しかなかった。今回、はじめて、この問題の市民集会に参加した。
市民の偏見と差別、また、無関心が、いまのこの問題の状況を生んでいることを知った。私は一市民として、何ができるのだろうか。自問自答する。
今後、この問題に少しでも関心を持つようにしたい。また、集会があれば、参加したいと思う。

以下、その記事。
ハンセン病:「隔離の100年を問う」シンポジウム開催 毎日新聞 2009年11月18日 0時38分

 国の患者隔離政策の象徴である国立ハンセン病療養所が開設100年を迎えたことを巡り「全国ハンセン病療養所入所者協議会」(全療協)主催のシンポジウム「ハンセン病隔離の100年を問う」が17日、東京都内で開かれた。市民ら約800人が参加し、差別や偏見などハンセン病問題の全面解決に向けた課題を探った。

 内田博文・九州大大学院教授は「法律家がらい予防法廃止に全く無力で、報道機関も無関心すぎた」と指摘。全療協の神美知宏事務局長は「結成以来58年活動を続けてきたが、市民の理解が得られなかったため、予防法廃止が遅れた」と語った。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091118k0000m040151000c.html
ハンセン病療養所、設置100年の集会 毎日放送

 国の隔離政策としてハンセン病療養所が設置されてから今年で100年を迎えることを受けて、今後の療養所のあり方を考える集会が都内で開かれています。

 長年に渡る隔離のために入所者の多くが帰る場所を失い、全国に13ある療養所では今もおよそ2500人が生活し、平均年齢は80歳にも達しています。

 療養所をいかに地域へ開放していくかが課題となっていますが、いまだに根強く残る差別や偏見のために、なかなか進まないのが実情で、入所者は「療養所の将来を一緒に考えて欲しい」と訴えています。(17日19:26)
http://www.mbs.jp/news/jnn_4285968_zen.shtml
ハンセン病、隔離から100年 偏見解消求め都内で集会 47NEWS

 ハンセン病患者に対する政府の隔離政策として公立療養所が設置されてから100年を迎えたことを受け、全国ハンセン病療養所入所者協議会(全療協)が17日、都内で集会を開き、いまだに残る入所者らへの差別や偏見を解消するための方策について話し合った。

 集会には、全国13カ所の国立ハンセン病療養所の入所者や遺族らのほか、長妻昭厚生労働相や衆参両院議長ら国会議員も出席。

 ハンセン病をめぐっては、1907年に患者を隔離する法律「癩予防ニ関スル件」が制定され、明治政府は09年に全国を五つのブロックに分け、公立療養所を開設。患者は96年に「らい予防法」が廃止されるまで強制的に隔離された。

 全療協の宮里光雄会長は「未解決の問題の解決を急がなければならない」とあいさつ。(1)差別を一掃する(2)療養所の将来構想を国が明確に示す(3)元患者と地域住民の交流促進を目指すハンセン病問題基本法の理念を忠実に実行する-ことを課題として挙げた。

 全療協によると、全国13の国立の療養所への入所者は1万2千人に上った時期もあるが、今年5月現在は約2500人で、平均年齢は80歳に達するという。
2009/11/17 20:57 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009111701000739.html
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。