スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活!平野悠の好奇心・何でも聞いてやろう「新左翼って何?」 Recorded on 10_06_15 LOFTch on USTREAM

復活!平野悠の好奇心・何でも聞いてやろう「新左翼って何?」 前半, Recorded on 10_06_15 LOFTch on USTREAM
http://www.ustream.tv/recorded/7674691

復活!平野悠の好奇心・何でも聞いてやろう「新左翼って何?」 後半, Recorded on 10_06_15 LOFTch on USTREAM
http://www.ustream.tv/recorded/7676480
スポンサーサイト

【転載】2010/02/27 新宿署はとんでもない!高円寺路上大パーティざまあみろデモ

第22回-警視庁24時! とんでもないデモ申請レポート! -松本哉ののびのび大作戦|マガジン9条
を読んで、これはとても素敵な祭りであると知った。
以下、その案内。
http://www.labornetjp.org/labornet/EventItem/1266494982804ichijuより。

■■■ 以下,転載 ■■■
2010/02/27 新宿署はとんでもない!高円寺路上大パーティざまあみろデモ
新宿署はとんでもない!
高円寺路上大パーティざまあみろデモ

2月27日(土)
●14:00〜 高円寺中央公園大パーティ
ライブ・トークなどいろいろ/酒・つまみ持ち込み自由
●15:00〜 デモ出発(高円寺一周)

出演→ PunkRocker労動組合(LIVE)、宮崎みのり(演歌歌手)、KEIKOサクヤマ(DJ)、ヨッシー(DJ or LIVE)、雨宮処凛(アジテーション)、二木信(文化人) ほか/ライブ飛び入り出演も自由 ※出演バンドまだまだ募集中です

参加予定:
素人の乱界隈のヒマ人&高円寺周辺の有象無象&全国各地から集まるわけのわからない人々&杉並署員!

【転載】【緊急署名 沖縄の民意に応えてください】にご協力下さい!!

【緊急署名 沖縄の民意に応えてください】にご協力下さい!!のメールより以下、転載します。
共感してくださる方は、ご協力ください。
■■■ 以下、転載 ■■■

《緊急アピール》

 【緊急署名 沖縄の民意に応えてください】にご協力下さい!!

   井上澄夫(埼玉県新座市、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)
   加賀谷いそみ(秋田県男鹿市、男鹿の自然に学ぶ会)
   奥田恭子(愛媛県松山市、心に刻む集会・四国)
   廣崎リュウ(山口県下関市、下関のことばと行動をつなぐ『海』編集委員)

 参議院で民主党を中心とする会派(民主党・新緑風会・国民新・日本)が過半
数と1議席、122議席を占めました。自民党を離党した2議員が1人は民主党
に、もう1人が国民新党に入党したからです。これにより、政局の潮目が急速に
変わり始めました。民主党は社民党の協力がなくても参院を牛耳ることができる
ようになったからです。
 この潮目の変化は、早速、普天間基地の移設先をめぐる政府・与党の態度に明
瞭にあらわれました。政権の一角を占める国民新党が、嘉手納統合案とキャンプ
・シュワブ陸上案を沖縄基地問題検討委員会に提出することを明らかにしました
が、政府内でもキャンプ・シュワブ陸上案を選択する動きが急浮上しています。
 現行の辺野古案は、キャンプ・シュワブにまたがる形で辺野古沖と大浦湾を埋
め立ててV字型滑走路を建設するものですが、急浮上した案はキャンプ・シュワ
ブ内にヘリパッドや滑走路を造るというものです。
 しかしこれは、鳩山首相が昨夏の衆院選前に沖縄市で掲げた「最低でも県外」
という公約を自ら踏みにじるものであり、名護の稲嶺新市長が辺野古移設は「海
でも陸でも反対」と鮮明にのべるなど、沖縄の人びとは猛烈に反発し憤激してい
ます。今や沖縄の民意は「県内移設絶対反対」です。

 この切迫した事態に対応するため、私たちは新たな署名運動を考えましたが、
首都圏で活動する「辺野古への基地建設を許さない実行委員会」(沖縄・一坪反
戦地主会関東ブロックなど39の市民団体・労働組合で構成)が下記の署名運動
を始めましたので、それへの協力をみなさんに訴えることにしました。署名の趣
旨は鳩山首相に対し「沖縄の民意に応えてください」と要請するものです。
 この緊急アピールは、昨年12月から今年1月にかけて行なわれた「鳩山連立
政権に対し辺野古移設の断念など3項目を求める市民の共同要求運動」にご賛同
いただいたみなさんに送信します。どうか至急ご協力下さい。

【緊急署名 沖縄の民意に応えてください】─メールでの署名の呼びかけ─
  ■ 辺野古への基地建設断念と普天間基地の無条件返還を求めます ■
  ● 署名は鳩山内閣総理大臣に提出します。

◆鳩山首相への要請事項◆

 1.今こそ、沖縄の民意を最優先してください。
 2.名護市辺野古への「移設計画」を断念してください。
 3.普天間基地の無条件返還を実現してください。

◆要請の趣旨◆

沖縄の悲願は、一貫して「基地のない平和な島」の実現です。

 1995年9月、沖縄で起きた米兵によるレイプ事件に対する島ぐるみの怒りに直
面して、日米両政府は96年4月、普天間飛行場の「返還」を合意しました。しか
しそれは、沖縄本島東海岸沖に代替基地(海上施設)を新設することでした(同
年12月、SACO最終報告)。◆96年9月の沖縄県民投票では、89%が「基地の整理
・縮小」を求める意思を明確に示しました。◆さらに97年12月の名護市民投票で
は、過半数が「辺野古への海上ヘリ基地建設NO!」を表明しました。
 しかし、自民党政権は、沖縄の頭越しに辺野古への基地建設を強行しようと、
莫大な経済振興資金をもって沖縄の人々を懐柔しようとしました。◆それに対し
2008年7月、沖縄県議会は「辺野古への新基地建設に反対する」意見書を採択、
日本政府、米政府、沖縄県知事に突きつけました。◆09年8月の衆院選では、沖
縄県の選挙区・比例区で自民党・公明党が全敗し、◆今年1月24日の名護市長選
挙では「辺野古・大浦湾の美しい海に新たな基地は造らせない」と主張した稲嶺
進候補が当選しました。
 数々の世論調査でも、沖縄の世論は一貫して「普天間の県外・国外移設」が多
数を示してきました。沖縄の民意が「基地の新設」にも「県内移設」にも絶対反
対であることは、今や誰の目にも明らかです。
 私たちは、鳩山政権が「沖縄の民意」を正面から受け止め、実現すべきことを、
鳩山首相に対して強く要請します。
                辺野古への基地建設を許さない実行委員会

 ●政府・与党の沖縄基地問題検討委員会が機能不全の様相を呈する一方、政府
内でキャンプ・シュワブ陸上案が浮上したというニュースが伝えられるなど、普
天間移設をめぐる情勢が急速に煮詰まってきました。なお不透明ながら、鳩山政
権は「県内移設やむなし」と決意して沖縄の民意無視の方向に舵を切ったのかも
しれません。
 メールでの署名だとすぐ対応できるのだがという声が多くのみなさんから届き
始めましたので、これまでの呼びかけに加え、メール署名もみなさんに呼びかけ
ることにしました。今や、一人でも多くの署名が必要です。ご理解をいただきた
いと思います。●

【メール送信による署名の方法】

◆署名は個人・団体(グループ)を問いません。
 ○ 署名していただける方は、氏名と住所をお知らせ下さい。
 ○ 団体(グループ)署名の場合は事務所の所在地ないし連絡先を記して下さ
い。
   ※ 氏名と住所および団体名とその所在地・連絡先はネットで決して公表
いたしません。

 ● 署名の連絡先は次の通りです。
    henoko.no-hutenma.out@mbn.nifty.com
   上記メールアドレスは署名専用です。

 ◆署名の集約
第1次集約は2010年3月10日、第2次集約は同年3月31日です。普
天間基地の移設先の決定について情勢が非常に緊迫していますので、署名はなる
べく早く、できれば第1次集約に間に合うように送信して下さい。

 ◆寄せられた署名は、手書きの署名とともに、鳩山首相に提出します。

【ご協力のお願い】署名される方にお願いします。このメールをみなさんの友人
やお知り合いの方々にご転送下さい。またご関係のメーリングリストやそれぞれ
のブログ、ホームページでご紹介下さい。どうか、よろしくお願いします。
 ◆〔個人情報の保護について〕
 署名者の氏名と住所および署名団体名とその事務所の所在地や連絡先をインター
ネット上で公表することはありません。ただし署名の件数については、署名簿の
提出後、手書きの署名数と合わせて、みなさんに報告します。

●辺野古への基地建設を許さない実行委員会
問い合わせ先:090-3910-4140(一坪) Tel/Fax 03-5275-5989(市民のひろば)
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html

【転送】2/26「麻生邸リアリティツアー弾圧」 国賠訴訟団結成、提訴・デモ・会見のお知らせ

レイバーネット http://www.labornetjp.org/news/2010/1266560549237staff01より。
■■■ 以下、転載 ■■■

みなさまこんにちは、園良太です。

2008年10月に不当逮捕が大きな話題となった「麻生邸リアリティツアー弾圧」。映像の力とみなさまの多大なるご支援により、無事12日後に解放されました。
そして、これに対して、国賠訴訟を行うことになりました。
提訴・デモ・記者会見が2月26日に決まり、10時に「日比谷公園霞門」集合でデモ、11時から東京地裁の「司法記者クラブ」で記者会見です。

★「リアリティツアー2 62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見」って何?
http://d.hatena.ne.jp/festa_hansen/20081014/1223966191
不当逮捕映像:http://www.youtube.com/watch?v=3Uw701vV15U&feature=player_embedded
当日~解放までの写真:http://www.mkimpo.com/diary/2008/reality_tour_08-10-26.html
★不当逮捕への救援と抗議
「麻生出てこい!!リアリティツアー救援会」ブログ:http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/
★「国賠訴訟」についてのご参考:http://www.jca.apc.org/~hiroko/hasiru/

麻生政権は変わりましたが、全ての社会運動に大きな障害となっている「公安条例」や様々な不当逮捕を変えていく必要性はむしろ強まっていると思います。そこで強力な弁護士の方々とタッグを組み、デモや争議という街頭行動、そしてあらゆる表現における不当な弾圧をなくしていくための国賠訴訟に踏み出します。
今後、賛同やカンパのお願いも送らせていただくと思います、ぜひ、ご支援・ご協力をお願いいたします!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□(転送・転載歓迎)■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★★2/26「麻生邸リアリティツアー弾圧」
国賠訴訟団結成、提訴・デモ・会見のお知らせ★★

■記者会見
日時:2010年2月26日(金)午前11時より
場所:東京地裁内・司法記者クラブ(千代田区霞が関1-1-4高等裁判所2階)

■デモ
日時:2010年2月26日(金)10時より
場所:日比谷公園「霞門」集合
デモコース:「霞門」出発~弁護士会館~桜田通り~国会通り~厚生労働省前~公安調査庁前~
検察庁前~内堀通り~警視庁前~東京都公安委員会前~東京地方裁判所前到着
http://maps.google.co.jp/maps/ms?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&brcurrent=3,0x60188becdab11cb3:0x751db691b0d526d7,0&brv=20.22&ie=UTF8&hq=&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%BA%E9%9C%9E%E3%81%8C%E9%96%A2%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE&start=0&msa=0&msid=100029386361627364435.00047fc7adb6737974bb8&ll=35.675043,139.754537&spn=0.006258,0.016512&z=17

主催:麻生邸リアリティツアー国家賠償請求訴訟団(「麻生国賠」)
HP:http://state-compensation.freeter-union.org/
メール:realitytour.st.comp@gmail.com
連絡先:〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13MKビル2F
TEL・FAX 03-3373-0180 フリーター全般労働組合気付

日頃より大変お世話になっております。
去る2008年10月26日に東京・渋谷で行われた「リアリティツアー2 62億って
どんなだよ。麻生首相のお宅拝見」にて3名が不当逮捕され、youtubeの映像を
通して抗議の声が広がったことはみなさまもご記憶されていると思います。
ただ歩道を歩いていただけで「公安条例違反」、一切手を出していないのに
「公務執行妨害」とするひどい逮捕事件でしたが、映像は再生20万回を超え、
全国から抗議への賛同や文化人声明が集まり、国会でも追及されました。
そして11月に無事3名の釈放と不起訴を勝ち取りました。
そして事件から1年数か月たったいま、逮捕された当該、不当な家宅捜索を
受けた組合、その支援者が中心となり、責任者を追及し、不当弾圧をなくし
ていくために、国と東京都を相手取って国家賠償請求請求を行うことを決意しました。
本日お伝えさせていただくのは、その提訴と記者会見・デモのお知らせです。
麻生自民党政権は終わりましたが、一人目の不当な逮捕理由とされた
「東京都公安条例」は今も市民の様々な社会運動を規制しています。
また、大阪・柏原市で生活保護申請をビデオ撮影したことによる昨年10月の
逮捕事件など、麻生弾圧に反撃した市民メディアの大きな役割を踏まえて
映像撮影者への規制も強まっており、報道の自由にとっても弾圧は脅威と
なっています。そして何よりどんな政権になっても、市民の側の監視や抗
議が現状を変えるために必要なことは検察・警察による取調べの可視化
問題などでも明らかだと思います。
そこで私たちは来る2月26日朝に提訴を行った後、以下の通り記者会見・
デモを行います。ぜひともご参加・取材の程、宜しくお願い致します。
その後の裁判も長い戦いになりますが、ぜひご注目・ご支援をお願い致します。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□(転送・転載ここまで)■□■□■□■□■□■□■□■□
■□

【転載】改憲手続き法の凍結・廃止を求める共同声明の賛同を呼びかけ

■■■以下、転載■■■

高田健@許すな!憲法改悪・市民連絡会です。
改憲手続き法の凍結・廃止を求める共同声明の賛同を呼びかけます。転送・転載
にご協力下さい。長文で失礼します。
http://www.annie.ne.jp/~kenpou/seimei/kyodoseimei.pdf
------------------------------------
以下の主旨に賛同する団体・個人の方、連署して下さいますようお願いします。

共同声明「改憲手続き法の凍結・廃止を要求します~改憲手続き法施行予定の5月18日に際して」

改憲手続き法(日本国憲法の改正手続きに関する法律)は安倍晋三内閣の下、2007年5月14日、参議院で強行採決され、成立しました。「美しい国」「戦後レジームの転換」を掲げ、「任期中の改憲」を公言し、それを急いだ安倍内閣と与党の強引な採決でした。まともに審議が尽くされないまま、ひたすら改憲を急ぐために強行された同法は、多くの「附則」や「附帯決議」がつけられた、まったくの欠陥立法というべきものでした。
議論が先送りされ、附帯決議などで与党も不備を認めた同法の主な問題点は以下のようなものです。

?投票権者をどう規定するか(18歳投票権問題、公職選挙法や民法との整合性の保障)。
?国民投票の対象はなにか(憲法だけでなく、国政の重要問題についての国民投票の可否)。
?広報や広告など、メディアの在り方(議席数で広報の量の配分を決めてよいか、有料広告を認めると資金能力で宣伝に差ができる)。
?国民投票運動の自由に関する問題(公務員や教育関係者の政治活動、地位利用の制限などによって、自由な活動が制限される)。
?投票成立の要件をどうするか(過半数の分母問題や、成立に必要な最低投票率規程の有無)、などなど。

当時、同法は世論の冷却をねらって「憲法改正の発議」や「国民投票」の部分の施行を
3年間凍結されました。その結果、同法の施行(凍結解除)は2010年5月18日に予定されていますが、以後の国会では、ここにあげたような同法の附則や、附帯決議にもとづく検討や法改正は、まったく行われておりません。
09年6月、安倍晋三の意向を受けついだ麻生内閣により衆議院憲法審査会「規程」が強行採決されましたが、当時の野党が委員の選出にも応じなかったため、衆議院審査会はつくられず、野党多数の参議院では「規程」の議論すら行われませんでした。憲法審査会は改憲手続き法成立後、2年9ヵ月、まったく始動していません。
この間、07年の参院選や、09年の衆院選で与野党議席数が逆転し、明文改憲の動きを推進してきた自公政権が下野するなど、政治情勢は大きく変わりました。またこの間の世論も改憲を要求していません。新政権は憲法問題ではなく、小泉政権以来の構造改革政策の転換、「生活が第一」を掲げて多数議席を得ました。新政権に有権者が期待しているのは改憲などではなく、「生活」問題の解決です。
強行採決され、改憲国民投票では国民の意思が正当に反映されないという点において多くの問題点を持っている欠陥立法は、5月18日がきても、ひきつづき凍結されるべきです。中身が伴わないままに「規定された3年が過ぎた」などという理由で、同法を施行するなどは許されないことです。改憲手続き法は凍結し、いったん廃止にして出直すべきです。

以下、32団体の連名で賛同を呼びかけます。

アジア連帯講座/アンポをつぶせ!ちょうちんデモの会/うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会/おんな9条の会北海道/憲法・教育基本法改悪に反対する市民連絡会おおいた/憲法ひろば・杉並/憲法を生かす会/護憲ネットワーク(札幌)/市民自治を創る会/戦争への道を許さない女たちの会札幌/第九条の会ヒロシマ/東京空襲犠牲者遺族会/東京大空襲訴訟原告団/盗聴法(組織的犯罪対策法)に反対する市民連絡会/とめよう改憲!おおさかネットワーク/長野ピースサイクル実行委員会/日本山妙法寺/日本消費者連盟/日本YWCA/VAWW―NETジャパン/バスストップから基地ストップの会/ピースサイクルおおいた/ピースサイクル埼玉ネット/ピースサイクル全国ネットワーク/ピースサイクル新潟/ピースリンク広島・呉・岩国/ふぇみん婦人民主クラブ/プライバシーアクション札幌/平和を実現するキリスト者ネット/平和をつくり出す宗教者ネット/ユーゴネット/許すな!憲法改悪・市民連絡会/(32団体)
以下、賛同団体・個人連署。

【共同声明の取扱について】
?この声明の呼びかけは2月14日の「許すな!憲法改悪・市民運動全国交流集会」で採択され、参加した団体有志で呼びかけ団体を作りました。
?賛同して下さる方は至急ご連絡下さい(団体、個人、それぞれ可。個人は所属団体名か肩書き、あるいは○○県△△市などと居住地を書いて下さい)。
?インターネットやウェブサイトでの転送・転載にご協力下さい。
?賛同一覧は2月28日、3月15日、3月31日、4月15日の各日ごとに集約し、関係国会議員の事務所などに提出し、最終的には4月30日を締め切りと致します。?賛同の送り先は、FAX03-3221-2558、メールはkenpou@annie.ne.jpです。

-----------------------------------------------------------
許すな!憲法改悪・市民連絡会
高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
東京都千代田区三崎町2-21-6-301
03-3221-4668 Fax03-3221-2558
http://www.annie.ne.jp/~kenpou/
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。