スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加持祈祷って、何じゃいな

加持祈祷って、もちろん、ご利益ありますよね。
加持祈祷というと、仏教では、真言、天台、日蓮宗が主ですよね。
行者の力によるという考えは、何か怪しげですね。やはり、仏の力によって、ご利益があるのでしょう。
自身の行力によるという考えは慢心であると何かの本で読んだことがあります。そうだろうと思います。

では、玉城康四郎先生は、どうだったんでしょうか。
玉城先生は、先生を慕う方といっしょに坐禅されていたようです。先生はどのような考えで、そのようにされたかは私は知らないのですが、先生の体験されるダンマが、ほかの人に影響するということはありうるのではないかと勝手に想像します。
共時的現象として、いっしょに座っている他者に、ダンマが働きが生じやすいことが期待できるかもしれないと思います。
それが加持力といえなくもないですね。
加持力とは如来の加持力が本来の意味でしょうから、如来の加持力の体験が、共時的に、他者に加持力を働かせのに役立つことが期待できることはありえるのではないでしょうか。皆さんは、どう思いますか。
スポンサーサイト
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。