スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マザー・テレサとダンマ

マザー・テレサは仏教の言うダンマとともにいたでありましょう。
以下、マザー・テレサの言葉を紹介したいと思います。

愛の光線

  主よ、お助けください。

私がどこにいても
あなたの香りをただよわせますように。
あなたの“霊”といのちで
私の心を満たしてください。
私のいのちがことごとく
あなたのいのちの輝きとなりますように。

  主よ、あなたご自身が
  私の存在を完全に支配してください。
  私の接する人々が皆
  私の中にあなたの現存を感じとれますように。
  私を見る人が私ではなく
  あなたをこそ私の中に認めますように。

主よ、私の中にとどまってください。
そうすれば私も
常にあなたの栄光をこの身に反映させ
兄弟姉妹の光となることができるでしょう。

マザー・テレサの祈り http://www.geocities.jp/yamaguchi7777/telesa.htmlより。


神と今すぐいっしょに天国にいることができます。
今神といっしょにしあわせでいること、
神が愛したように愛し、
神が手助けなさるように手助けし、
神が与えるように与え、
神が仕えるように仕え、
神が救うように救い、
四六時中いっしょにいて、
苦しむ人の姿をとっておられる神に手を触れることです。

マザー・テレサ すばらしいことを神さまのために より
http://www.fruits.ne.jp/~k-style/teresa1.html より。

以上、紹介おしまい。

神とともに生きたマザー・テレサ。
マザー・テレサのいう神は仏教のダンマと同じですね。
玉城康四郎先生も「如来と二人連れ」となった。これが終地です。
如来とともにいること、それが涅槃・浄土にいることになります。マザー・テレサのいう天国と同じです。

マザー・テレサと玉城康四郎先生は同じく、ダンマ・形なきいのちそのものといっしょにいた。二人は縁がそれぞれ違っている。人格も業熟体も違っているため、それぞれの生き方がある。
われわれ凡人も神、あるいは、ダンマ・如来とともにいっしょにいることができます。凡人は凡人なりの信仰の生活を生きることができます。聖人や偉人になることが目的ではなく、神や如来とともに生きることが大事なのではないでしょうか。

ちなみに、玉城先生は、キリスト教のプネウマは、ダンマと同じである、といっていますね。

マザー・テレサの祈りは、われわれ仏教信者にとっても、すごく参考になるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。