スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核兵器廃絶のために

いつも見ているブログで、「核兵器廃絶のためのビデオをみんなで見よう」という呼びかけの記事があったので、私も、そのビデオをここで紹介することで、その呼びかけに応えたいと思います。

以下、その呼びかけの転載。

*転載情報
池田です。

オバマ大統領の核廃絶プラハ演説には、いろいろ猜疑心もかきたてられるので
すが、あの程度の政策変更すらこのくにはなんとか妨害しようと、米政権内の反
核廃絶勢力と組んで画策しているそうです。

アメリカの「憂慮する科学者同盟」が、わたしたちに警告を発するビデオを、ピース
デポが作成・youtubeにアップしました。
もちろん日本語字幕つき。

時間はありません。
転送・転載お願いします。
そして、みなさんお一人おひとりがさまざまなところに働きかけてください。
メディアにお知り合いのある方、記者さんたちに伝えてください。
よろしくお願いします。

ある方が要約しインタビューの内容は以下のとおりです。
「米国は外交政策の基本として『核態勢見直し(NPR)』に入っており、重要な
局面を迎えている。米国は9月から10月に新しい核政策を決定しようとして
いるが、米政府部内、国務省、国防総省、国家安全保障会議のメンバー、特
にアジア専門家の間に、オバマ氏の構想に反対の人たちがいる。その理由は、
日本政府の『懸念』で、日本の外務省、防衛省など安保外交政策を担当する
官僚が、『米政府は核政策を転換しないように』と訴えている。人類史上初めて
核兵器の攻撃を受けた国の政府が核政策の転換に反対するのは皮肉であり
悲劇だ。日本国民はオバマ氏の核廃絶ビジョンを支持する声を上げて欲しい」


************ここから転送*************

皆さま
弁護士の内藤です。

お忙しいでしょうが、4分ちょっと時間をとって下記のビデオを
是非、見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=itFI87hixy0

<以下はビデオの補足説明>
ピースデポのメンバーが撮影した「憂慮する科学者同盟」(UCS)の
グレゴリー・カラキーさんのメッセージのビデオです。

グレゴリーさんは、オバマ大統領の科学特別顧問のジョン・ホールドレンに
近い学者です。
ビデオ中の核態勢見直(NPR)というのは、アメリカの核戦略の基本的なガイドラインであり、
グレゴリーさんの話ですと、アメリカ政府はNPRに法的に縛られるということです。つまり、オバ
マ演説もNPRが良くないと先へ進まないということになります。企画したピースデポ中村さん談:
核兵器廃絶にとって、「この秋までが勝負!」という重要なメッセージをより多くの人に伝えたいと
思ってビデオを作成しました。グレゴリーさんご本人の許可を得てYouTubeにアップしました。他の
MLや各団体のウェブなどにどんどんアップしてください。
************ここまで転送
*************◇◇◇◇◇◇◇◇

では、そのビデオを以下にご紹介。もし、よかったら、ご覧下さい。

米核政策の「チェンジ」へ、鍵を握るのは日本


びっくりです。
「日本の外務省、防衛省など安保外交政策を担当する官僚が、『米政府は核政策を転換しないように』と訴えている。」とは。

もし、この警鐘に共感される方は、いっしょに、このビデオを広めていきませんか。
スポンサーサイト
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。