スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護身法

密教の行法の基本に護身法というものがあるようだ。

この意味について、考えてみる。
ダンマが浸透、通徹いく過程であると思える。

護身法 

・浄三業
未敷蓮華印を結ぶ。
一切は本来清浄であるから、われもまた清浄である。
われわれは如来蔵であり、本性は法身である。
未敷蓮華は浄土での蓮華のつぼみの中にいることを表しているのだろう。

・仏部
如来の加持をいただく。

・蓮華部
開敷蓮華印を結ぶ。
開敷蓮華は浄土での蓮華のつぼみが花開くことを表しているのだろう。
ダンマが浸透し、花開く。ダンマ浸透が進んでいく。

・金剛部
ダンマの浸透を受け、三昧に入っている様。

・被甲護身
ダンマの甲冑を着る。
ダンマが浸透し、通徹する。身体より、ダンマが放たれていく様。

以上。

真言、印、観想によって、行われるものであるようだが、おそらく、それは方便(手立て)であり、大事なのは、如来の加持力にこそ、である。
ダンマの働きによってこそ、われわれは三昧に入り、ダンマは通徹する。
護身法は如来の加持力、つまり、ダンマ・如来によってこそ、実際に、ダンマが通徹するものでなければならないだろう。

護身法は在家信者でも、僧侶より教えてもらえれば、行ってもよいものとされているようだ。関心のある方は、ご僧侶に相談されるのもありかもしれない。
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。