築地本願寺にガザ解放を願うともしび


東京・築地本願寺に26日、「FREE GAZA」の文字が浮かび上がった。各国の人権団体で構成する「ガザに光を!実行委員会」が主催したイベントで、築地本願寺が宗教の枠組みを超えて協力した 【時事通信社】
築地本願寺にガザ解放を願うともしび 時事


築地本願寺に200人以上の参加で開催されました。初めに古居さんからガザの報告を受け、雨宮処凛さんとの対談がおこなわれました。雨宮さんからガザに行ってみなくては、との発言に大拍手。これから、外でキャンドルアピールです。(里見羊 12月26日)
ケータイ報告 : ガザ攻撃一年パレスチナに光を!集会 レイバーネット

上記のイベントの案内は次のようであった。

ガザ攻撃から1年
パレスチナに生命の光を!
現地報告&キャンドルでつくるFREE GAZA
■ジャーナリストの古居みずえさん、作家の雨宮処凛さんが出演

【日時】 2009年12月 26日(土)14:00~16:30
   17:00から屋外でキャンドルを灯します
    ※キャンドルからの参加も可能です
【会場】築地本願寺 第二伝道会館「蓮華殿」

主催:ガザに光を!実行委員会 ※実行委員会は以下の団体で構成されています。
(特活)アーユス仏教国際協力ネットワーク/社団法人アムネスティ・インターナショナ
ル日本/在日本韓国YMCA/(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)/日本聖公会東京教区「エルサレム教区協働委員会」/日本YWCA/(特活)パレスチナ子どものキャンペーン/パレスチナの子供の里親運動/ピースボート/(特活)ヒューマンライツ・ナウ

協力団体:浄土真宗本願寺派築地別院/浄土真宗本願寺派東京教区基幹運動推進委員会


ガザ攻撃から1年 パレスチナに生命の光を! _ AMNESTY INTERNATIONAL JAPANより一部抜粋。


私も、一市民として参加しました。
集会開始時間より少し早めに行って、ご本尊を拝むことにした。
ちょうどいいタイミングで、ご僧侶が参られ、読経が開始された。
その読経のすばらしさに感動した。さすが、プロだな。たいしたものだと思った。
その読経の音声により、恍惚となった。最近、だいぶ疲れていたので、その疲れが一気に癒された気持ちとなった。
本当にいいものだ。身心が癒され、清められた。
ご僧侶の生き方は私には縁遠いが、ある面、憧れはある。そのような生き方も、過去を振り返ると、ありえたのではないかとふと考えてしまった。

読経は15分ぐらいであっただろうか。その終了とともに、集会の会場に向かった。

古居みずえさんの報告がまず最初になされた。
映像をまじえて語られた。以前、NHKで放送されたもの。
その映像を見て、何ともいえない感情に支配された。言葉が出ない。

次に、古居みずえさんと作家の雨宮処凛さんの対談となった。
雨宮さんからは、貧困問題を視点にした「自尊心の不在」について語られた。その点において古居みずえさんも共通したものがあると同感されていた。
お二人の対談を聞き、反戦と反貧困はつながりえる可能性があるといえるのかもしれないと思った。今後の市民運動がどのような展開をみせるのか、個人的に期待する気持ちが生じた。

集会を終え、次は、キャンドルアピール。
キリスト教、イスラム教、仏教の関係者が各々、マイクわ握り、ガザ解放のアピールをした。
最後に、黙祷。
ガザで失われた命への悼み、ガザで暮らす人々が一刻も早く、いまの窮状から脱するように祈った。
ガザの惨状、窮状を見捨てることはできないと集まった人々。
そして、その気持ちから、キャンドルを灯して、ガザの解放を心から祈る人々。
この祈りがガザの解放へと向かわせる力になるようでありたい。

この垣根をこえた宗教の協力の下で、平和を望む力が世界を覆うようであってほしいと心から願う。
この取り組みが今後の平和へと向かう力強い運動となることを期待し、私も、そのなかで、少しでも、何か役立つことができるようでありたいと思う。

12月25日、クリスマスの翌日の今日。新たな始まりとしたい。神・如来よ。ご加護を。



[追記]
NPJを見てみたら、このイベントの詳細な報告が載せられているブログが紹介されていました。

興味のある方は、ぜひ、そちらを見てください。Rolling Beanさんのブログ「Like a rolling bean (new) 出来事録」。以下。
12月26日の「ガザ攻撃から1年!パレスチナに生命の光を!」イベントへの参加報告|Like a rolling bean (new) 出来事録 Like a rolling bean (new) 出来事録
スポンサーサイト
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム