スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンマの顕現の体験は心理療法的なものではない

鎌田東二編著『モノ学の冒険』という本が最近出た。本屋さんで見つけた。購入するほどに心が惹かれなかったので、立ち読みで済ませた。
あれあれ、井上ウィマラさんも書いている。
以前のエントリーで書いたA先生が、玉城康四郎のダンマの顕現の体験を井上ウィマラさんの説く悟りと混同しているかのような理解に基づいて、玉城仏教の講義をしているように私はそれを聞きつつ感じたわけであるが、それはきわめておかしいことである、と私はこのブログで批判することになった。そうした経緯がある。

そのような訳で、A先生のこの件とは関係しないであろう井上さんに対して、申し訳ないのであるが、感情的に、悪いイメージを持つことになってしまった。

そのような気持ちを持ちつつも、井上さんの書いている箇所を読んでみた。
私も関心がある心理療法や精神医学の知見を披露し、論を展開している。
井上さんは心理療法を学ばれているそうですから、正しくその知識を活用されていると、とりあえず信じて読んだ。
ウィニコットの移行対象をその論の題名にしていることから、論の主題にしているようであるが、それを読んでみる限り(立ち読みで、ざっとしか読んでいない理解の程度で申し訳ないが)、彼が言おうとしていることは、【気づき】の重要性を説くことにあるという印象を持った。移行対象はそれを説くための道具としている。それはもちろん、この本が【モノ】をめぐっての考察であることから、そうなるのは、当然だろうと思う。

井上さんが、【気づき】が重要であるということを主張することに対し、私は特別否定しようとは思わない。
その【気づき】は、心理療法的なものであるように思える。
私はそれはそれでよいことであると思う。というよりも、心理療法として実用的に優れているならば、大変すばらしいことではないかと思う。

しかし、ブッダの悟りを心理療法的なものとしてしまうことには、強い拒絶感を感じる。玉城康四郎のいうダンマの顕現とは、まったく別物であることだけは強くいっておきたい。

両者をしっかりと区別する必要がある。
そのために、私は以前のエントリーで、A先生のその混同しているかのような言説に対し、厳しく批判した。

玉城康四郎のいうダンマの顕現を得たとしても、井上さんや心理療法が教えるような【気づき】を得られるわけではないことも、再度強調しておきたい。
両者は別である。
ダンマに対し、万能的な力を期待することはまったくよくない。

【気づき】を得たいのであれば、特別、瞑想によらずとも、心理療法のほうが、その多くの実証で確認されていることから、信頼度が高いといえるだろうから、そのほうがいいのでは?と思ってしまう。

心理療法に関心を持つ私は、心理療法家でもなく、それになろうとしているのでもなく、それを専門家の手助けによって、日常に生かそうとしているわけでもない。そのような私は、そのような【気づき】はできていないと思う。

そのような【気づき】に無縁な私ではあるが、仏道を歩めないということはなっていない。

【気づき】の繰り返しの訓練によって、正しく物事を観察できるというような、世間でよく見られる瞑想本の主張には、個人的に強い違和感を感じる。私には無縁である。だからといって、それを否定するつもりはない。
何度も言うが、玉城康四郎のいう悟りの体験を正しい観察ということで理解することはまったくの見当違いで、話にならないほど酷い。平気でその主張をするなんて、まったくあきれてしまう。

こうしたことを平気で言う人がますます増えていくだろうと思う。このようにして、玉城仏道はどんどんダメになっていく。

【気づき】や心理療法的なものをレベルが低いといっているのではまったくない。
両者を混同してはならないといっている。

両者は別であるから、私も、これから、そのような【気づき】や心理療法的なものを学んでいくことも今後、あるかもしれない。それだけのこと。特別なことはない。

再度言おう。両者を混同してはならない。それは最もしてはならないことである。
スポンサーサイト
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。