スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極楽百年の修行は、穢土一日の功に及ばず。

忙しくて、更新できませんでした。

さて、何を書こうかと思ったけれど、書きたいことが浮かばなかったので、ある本をパッと開いたところを題材にして書くことにした。

極楽百年の修行は、穢土一日の功に及ばず。正像二千年の弘通は末法の一時に劣るか。

日蓮 『報恩抄』より。

この娑婆世界で仏道、善行を行うことは、なかなか難しいことを痛感する人たちは多くいるはず。
極楽浄土では、そこに生まれれば、誰しも、仏道が自然に行われて、善をなすだげであると経典は説いている。
そのような世界として作られているというのである。そこに生まれれば、必ず、仏になることができるという。だから、浄土に生まれるために、この世で仏道に専念せよ、とも説いている。

日蓮は末法の世で、仏道の実践すべきなのは、『法華経』のみで、ほかはないと理解した。その肝心は【南無妙法蓮華経】といった。

『法華経』は【南無妙法蓮華経】である。
【南無妙法蓮華経】を唱えることで、仏性が顕現する。
仏性は如来であり、ダンマである。
だから、【南無妙法蓮華経】はダンマである。

ダンマは一乗・仏乗である。

ダンマの顕現を得れば、仏乗に乗ることができるということにはならないことは『法華経』が説いているとおりである。
ダンマの顕現を得て、阿羅漢、独覚のあり方に留まれば、仏乗から程遠い。
それに慢心し、仏乗を誹謗することにもなりかねない。

玉城康四郎は最晩年、仏乗を説いた。
それは【如来と二人連れ】となって仏道を歩むこと、である。
これは誰しも可能であるという。

終地を実現すれば、そのままが仏乗に乗ることを意味しないことを私はこのブログのなかで説明した。
終地は仏道の基本の実現にすぎない。自分自身であることに変わりがなく、はるか彼方の究極の完成である報身の実現・成仏を目指して、仏道を歩んでいくことを理解することが最低限、求められる。それなしでは、阿羅漢、独覚と同じとなってしまうと言う趣旨を『十地経』は説いている。

発心は大乗にとって、不可欠なこと。
ダンマの顕現を得て、本来の発心を無視してしまえば、謗法となりかねない。

玉城康四郎のいうように、終地を実現しても、自分であるよりほかないのである。
その自分が如来とともに仏道を歩ませていただくことが本当にありがたく、貴重なことであるといえるだろう。

唱題、念仏、坐禅、三密行など、どの行であろうと、仏乗の説く趣旨に則っていれば、問題はないだろう。
自身の縁のある、体質に合った行道(大袈裟なものではなく、勤行のようなもの)を気長に実践すれば、必ず、確定的な境地に達することができるであろうと言う趣旨のことを玉城康四郎は著書のなかで述べている。
そのとおりではないかと私も思う。

終地に達することは特別なことではない。誰しも可能というのだから、それを神聖視したり、はるかな高みと見ることは適切ではない。ましてや、それを難行苦行によってこそ可能であるなどといって、一般の人には無理であるかのような印象を与えることはまったくよくない。

とはいえ、容易いものではないことも事実。
自らの探究と工夫が必要である、と私は思う。

現代人はあまりにも、忙しすぎる。勤行する時間もないほどに。
われわれのような俗世間で生きる者は、できるかぎり、勤行を実践したいものである。
もし、それすら、時間がないときでも、ほんのちょっとした時間だけ、如来を思い浮かべたり、心の中で、唱題、念仏をお唱えすることが大事ではないかと思う。

終地を何が何でも実現したいとなると、それなりの時間と努力は必要であろうと思う。
それは各自の意思と選択と責任で、判断するよりほかないのではないかと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。