スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終地を実現した人の実際

端的にいうと、玉城康四郎のいう終地を実現しても、その人は以前と変わらぬその人のままであるのが事実である。法身の働きのままであるから、利他となることはない。それが現実である。

玉城康四郎はこの点についてどう考えていたのだろうか。その著書を読むと、利他であると述べたり、無明であること・業熟体であると述べていたりするわけであるから、曖昧な印象を受ける。また、玉城は終地を実現を「如来と二人連れ」で仏道を歩むと述べていることから考えると、それを歩むのは「私」であるわけで、それを歩ませてくださるのは如来の働きによってである。これが仏乗に乗ることで、死後も仏乗に乗って仏道を歩んでいくと玉城は考えていたであろうことはその著書を読めば想像できることだろう。

その「私」が実際どうであるのか。
私は、その「私」は以前の私のままである。何ら変わことはないと、その現実をありのままに知った結果、そう主張する。
このことはこのブログで繰り返し述べてきたことで、極めて重要なことである。

もし、この認識がないと、その境地により、自我は膨張し自身を失う。その境地を自身であると誤認する。きわめて危険な陥穽である。魔境といっていい。正しい悟りの体験、つまり、ダンマの顕現を得れば、魔境と無縁であるということはない。正しい悟りは魔境と無縁であるというような主張は世間でよく聞くことであるが、実際はこのようであるので注意すべきである。

何ら変わることのない私のままであると認識し、かつ、最上と思えるほダンマに徹底したとしても、それは最上ではない。最上のものを実現しているのは報身を得た仏のみであると考え、その実現を目指す心を起こすべきである。つまり、発心すべきである。原始仏典の最上の境地・終地の実現を目指す心を起こすことが発心などでは全くない。大乗経典の仏の境地の実現を目指す心を起こすことが発心なのだと知ることも極めて重要なことである。

このことも、このブログで繰り返し強調し述べてきたことである。

何ら変わることのない私のまま、如来と二人連れとなって歩んでいくことが仏道であり、特別なことで全くない。玉城は行道を実践し探究すれば誰でもそれを実現できると著書で述べている。実際、そのとおりだろう。

何ら特別な自分になるわけでは全くないが、如来の働きによって歩んでいけるということが、極めて有難い、尊いことであるといえる。
「私」が尊いというわけでは全くない。如来が尊いのであり、仏道は如来の働きなしにはありえず、如来の働きによってこそ、仏道を私のままに歩ませていただくことができる。そのことが尊い、有難いことなのである。
スポンサーサイト
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。