スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンマと魔

私は「心の病」に罹患しているわけだが、これを魔の境地などと理解する人もいるかもしれない。
実際はどうなのでしょうか?如来様に直接聞いてみたいところである。

一切は縁起。因果的思考が説明できるのだろうか。

私はこのブロスで繰り返し、ダンマと魔は無縁ではないどころか、表裏一体で、魔はダンマの側面を持つと述べた。
私のこの病がそれであるかどうかも私は知らない。

魔をできるだけ避ける必要があることは誰もが望むことだろうが、実際にそうできるのであればそれがいちばんいいにきまっている。
心は元気溌剌、ダンマの顕現も体験しているが、慢心に陥り、それに無自覚であったなら、それはまさしく魔の憑依であり、自我肥大だろう。ダンマの直接体験が自我を肥大させる。常にこの危険がある。これが事実である。

だからこそ、私は不動の確信を表明する求道者であるゴータマを批判する。それはダンマの直接体験しながら自我肥大を起こしているのだと。

無畏であるのは報身を得た如来のみが不動の境地にあるのだ。それまでの菩薩は「私」と如来と二人連れとなって、その完成へと向かって学び、進んでいく必要があるのだと。

終地を得ても、「私」はもとの「私」のまま。その「私」が如来に教えられて、道を歩んでいく。
だから、終地は利他とは限らないと私はこのブログで何度も言った。
もとに変わらない「私」になぜ利他などできるはずもないという現実があるからだ。

終地がそのまま利他だというような読み手に理解させてしまいがちな、この玉城の言説は誤りだ。そのことを繰り返しこのブログで述べた。

足が地についているかどうか。あなたはあなた自身にほかならない。
ダンマを実感しているのも「私」である。ダンマが中心となり、私が脇役の位置になっても、そのとき働く自我は私の自我だ。

願望を投影したことが事実ではなく、現実の自身姿がその実際なのだ。
その認識のもとに、学びが開始されるのだ。
発心が必要だ。これは出発点に過ぎず、完成へと向かって学び続ける心を起こすべきなのだ。


プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。