スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

般若心経 勝手な訳

有名な般若心経を勝手な解釈をまじえて、訳します。

般若波羅蜜多心経

「観自在菩薩が、深甚なる般若波羅蜜多(ダンマ)が顕わになるとき、五蘊(色・受・想・行・識、つまり人間全存在)のすべては本来、空であると、ダンマが顕わになっている禅定の実現によって知られた。その体験する境地は、一切の苦しみから解放されている。

舎利子よ、色は空に異ならず、空は色に異ならない。色(物質・形あるもの・身体)は本来、空であり、空はそののま色である。受・想・行・識(感覚・表象・働き・識別作用)もまた同じ。

舎利子よ、この諸法(あらゆる存在)は本来、空であり、空は生ずるものではなく、滅するものではなく、垢や浄の区別を離れている。

このため、空の立場からすれば、色はなく、受・想・行・識も無い。
眼・耳・鼻・舌・身・意(六根・六つの器官)も無く、色・聲・香・味・蝕・法(六根の対象物)も無し。眼界から意識界(六界)も無い。
無明も無く、無明が尽きるということも無い。(十二因縁のそれぞれに続く)老死も無く、また老死が尽きるということも無い。

苦・集・滅・道(四諦)も無く、空は、知るというなく、得るということもない。

得るということもないのであるから、
菩提薩埵は、心に妨げがなく、般若波羅蜜多に安住している。妨げなく、恐怖なく、顛倒する想いから離れていて、涅槃に安住している。

三世諸佛も、般若波羅蜜多によって、阿耨多羅三藐三菩提(最上の悟り)を得た。
それゆえに知るべきである。 般若波羅蜜多は、大神咒(ダラニ)、大明咒、無上咒、比べるものなき咒である。

このダラニである般若波羅蜜多は、よく一切の苦を除く。真実であり、偽りではない。般若波羅蜜多咒を以下に説こう。
掲帝 掲帝 般羅掲帝 般羅僧掲帝 菩提僧婆訶。
般若心経。 」

空とは何かいうと、ダンマであり、般若波羅蜜多のこと。
一切の存在は本来、空、つまり、ダンマ・法身であるという。
われわれが認識している世界もこの自分の存在も、本来、空。
空の体験を得て、はじめて知ることができる。
空という境地は涅槃の境地。
諸仏はダンマ・空・般若波羅蜜多によってこそ、究極の悟りを実現した。

ということです。難しいことはありません。
解説書などに、空を実体がないとか、空はとらわれない心とか、平等に見る心とか、そういう理解がよくありますが、それは、かなりダメです。

ただ、この経は空のみに注目して説明しているので、無明が絶滅することを目指すという仏道の目的を否定するものと理解してはならない。
空そのものに無明を超えているといっているだけで、たとえ、その空の境地にいる修行者が無明もなく、無明も滅することもないという心境は確かにそれはそれでとてもよいのだけれども、さらに修行し、進歩していくと、底知れぬ無明の存在に気づくようにならないとダメです。そこが注意すべきことです。
玉城康四郎の言う業熟体の存在を修行者は無視してはならない。ここに陥穽があると注意すべきです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。