スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙を貫く、いのちのなかのいのち

宇宙を貫く、いのちのなかのいのち、これがブッダのいうダンマであると玉城康四郎は言った。ダンマは仏教のみならず、宗教の根源。キリストのいうプネウマと同じ。バラモンのいうアートマンとも同じである。いのちの息吹である。いのちのなかのいのちは宇宙を貫き、広がっている。

われわれはそれを禅定によって、体をもって知ることができる。
ダンマに徹底すれば、体を貫き、広がっていくのを体で知る。

終地に達し、これ以上に無いほどに徹底しようとも、それは仏道の基本の実現にすぎない。如来と二人連れで、衆生・業熟体である私・元の木阿弥である私は、仏道を歩んでいくのである。宇宙仏である報身仏と成ることを目指して進むのである。

仏乗に乗るとは、このことである。
終地に達すれば、そのまま仏乗に乗ることではない。
業熟体である私は、その悟りを最上のものではないと認識し、究極の悟りである大乗の如来しか実現していない悟りの実現を目指す心を起こすことが最低限必要である。それができないのであれば、『十地経』のいうように、阿羅漢や独覚と同じとなってしまう。無生法忍・終地は阿羅漢や独覚でも達するからであると経典は説明する。それより、ざっくりいえば、終地に達して、それを最上と看做し、誤認し、発心しないから、阿羅漢や独覚なのだということだろう。

もちろん、終地に達していないにも関わらず、焦って、ほんの少しのダンマの体験を、誤って終地に達したと思ってしまうのは、あまりにも酷いことだ。問題外だ。
実際、そういう人がいるので、他人事ではないが。

もし、玉城康四郎の指し示す仏道を学ぼうとするのであれば、まず最初に、発心することが何より大事であると個人的には思う。私は大乗の信者であるので、そういうのであるが、実際に、終地に達すれば、発心する必要があるのであから、いまから、発心したほうのが、その過ちに陥る危険の回避にほんの少しは役立つだろうと思う。経典は、ダンマの顕現を得て、阿羅漢や独覚に達するより、悟りの体験は得ていなくても、発心することの方が比較に成らないほどはるかに、ましであるといっている。

とはいっても、原始仏典にリアルさを感じて、それしか信用できないとか、そのほかの理由で、原始仏典のブッダに基づきたいという人もいるだろうと思う。そうであれば、玉城康四郎のいう終地を目指して学んでいくのがよいことになるだろう。

玉城先生は終地は誰でも達することができるといっているのだから、工夫と努力しだいで、それは可能ではないかと思う。無責任言い方であるけど、そういうしかない。

焦らず、気長にやるのがいい、と玉城康四郎はいった。
それがいいのではないだろうか。
坐禅、念仏、唱題、読経、三密行、観想など、いろいろある。先生の言うように、自分にあった行道を身をもって探究しながら、学んでいくのがよいのだろう。

読書も大事にしたい。玉城先生の著書を繰り返し読んで、探究して学ぶことが大事だと思う。個人的にそう思う。できるだけ理解すること。実践の学びを通して、自身の理解の誤りを正していきながら、学んでいく。それが大事だと思う。

偉そうなことをいってしまったが、まだ学んでいない人や初心の人よりは、少し先輩なので、許してほしい。
今後も、その思いで、偉そうなことをいってしまうと思うけど、そう理解して許してほしい。できれば。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。