スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草寺「白鷺の舞」を見ました

昨日は浅草寺にて行われた「白鷺の舞」を見に行った。
以前、浅草寺に行ったときに、偶然、浅草寺に向かって歩く白鷺の舞の一行に出くわした。このことは、印象に残っていたので、後日に、このブログ(白鷺の舞、幻想的だな~。)で紹介しました。白鷺の舞の由来については、そちらをご覧下さい。

さて、今回は、偶然の機会に期待することなく、自ら行ってみることにした。
午前11時半。ぎりぎりセーフで間に合った。あぶない。あぶない。
写真も撮ったので、以下に紹介。カメラ音痴の私の腕で、たいぶダメダメな出来ですが、白鷺の舞がどんな感じか、少し伝われば、と思います。







もっといいシーンがあったんですけど、撮れませんでした。残念。
本当に、すばらしい舞です。
今回は、写真を撮ることに意識がいってしまい、白鷺の舞の世界に没入することができなかった。これはいけないですね。その世界に没入して、魂の交流するのが本来でしょうから。次回はちゃんとしようと思います。
いやー。今回は、はじめて、白鷺の舞を見ることが出来て、本当に幸せですね。次も行こう。ひとつ楽しみができた。うれし~い。

次の写真は、舞を終えて、その一行が帰るところ。
すごいことに、舞しながら、歩く。すごいですね。そのシーンは撮れなかった。











ともかく、きれいだね。美しい。ユングのいうアニマかな。魂が癒されますね。
現代の世界が失っているアニマ。このようなアニマを大事にする世の中になってほしいですね。心からそう思います。
元来、牛頭天王に捧げられた疫病退散のための舞。いま、貧困という病が日本に広がっている。この貧困の病で、社会は疲弊してしまっている。この舞が貧困を放置せず、魂の本来の働きを取り戻し、貧困撲滅に市民は立ち上がらなければならないだろう。魂という面から、白鷺の舞は、われわれに癒しを与えてくれる。このアニマを大事する社会に一刻も早くなってほしいですね。心からそう願っています。

今回、貴重な体験ができた。よかった。
皆さん、まだ、浅草寺の「白鷺の舞」を見にいったことがない方は、美しい、幻想的な舞を、一度ご覧になることをおすすめします。とてもいいですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。