スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉城康四郎の終地を地上へと降ろす

玉城は原始仏典より大乗経典を高く評価していた。と同時に、大乗経典が、業熟体に対し、深い洞察がされていないことも指摘していた。業熟体に深い自覚、省察が親鸞にあると見ていた。最晩年、親鸞の教えに傾倒していたとも聞いている。
玉城は本のなかで、真宗の妙好人の浅原才一などの例を挙げ、親鸞の教えが一般大衆にまで及び、ここまで熟した来たと見ている。それは親鸞をも超えているといような書き方をしている。玉城はその妙好人に親しみを感じていた。その玉城は実際に、終地を実現した。もとの「私」のままに、如来とともに生きることが仏乗であるという。

私は以前のエントリーのなかで、大乗経典が説く仏乗は、それでは不十分であることになることを説明した。
特に、玉城のことばに危険を感じたのは、ダンマの働きがそのまま利他であるかのような言い方をしている。玉城のそのことばの真意は、本人に聞いてみるしかないが、もはやできない。
そのことばの読み手が、私の危惧する理解をすることは、危険であると思い、終地の危険性について、以前のエントリーで述べた。
終地は、上へ上へ舞い上がり、同時に、業熟体である地下へも引きずり落とす。その自我は、その上下に混乱することは充分ありえるだろう。
私はこの終地を地上に降ろすことの大切さを説明した。
ごく普通の人間が、如来とともに、生きることが、本来の仏道であり、仏乗であると述べた。

終地のように、ダンマ・如来を徹底して身に体験し、定着しても、その「私」は、その人の「私」のままであることを強調して説いた。

一般の人の理解は、悟りの体験をすれば、聖なる人になると思っている。それが大半である。しかし、悟りの体験の実態は全く違う、と私は説明した。玉城の説明より先鋭して説いた。

大乗は衆生とともに歩むこと。確かに、そうだろう。それはいままで、一般に広く理解されていることである。それはそれでいい。私も同意する。

しかし、私は以前のエントリーで説明したことは、玉城の終地より、さらに高い境地を大乗経典は説いていることを説明した。大乗は原始仏典の教えを批判するのは、その意味が大きいと私には見える。そのことをしっかりと説明する仏教書はほとんど見当たらないのではないか。私の勝手な理解であることは、もちろんのことである。私は大乗の悟りの体験に対する姿勢をそのように理解した。それが大乗の核心であると思う。

新たな仏教が開始されるとしたら、原始仏典のブッダに回帰するのではなく、大乗の説くこの核心に基づくべきではないかと思う。

私の言っていることは、一般の理解から見れば、かなり離れているが、理解できる人には理解してもらえると思っている。きわめて稀ではあるかもしれないが。その人たちこそ、いまの仏教の世界にのなかの希望である。

とはいっても、以前のエントリーで述べたように、如来の前で、純粋に、手を合わせて拝んでいる信心深い人たちの姿に、私は尊敬の念を持つ。何か、仏教の専門知識を得て、本来の姿とは違った、全く的外れなことを述べている権威ある人たちに対し、苛立ちを感じる。どうぞ、ご勝手に、と思う。

繰り返しになるが、玉城は、ごく普通の勤行を気長に実践することが大事であると述べている。私は強くそう思う。難しいことではない。ただ、玉城の境地を同じく身をもって味わうには、それなりの工夫・探究が必要であると思う。
何より大事なのは、実践である。
そして、玉城の本を繰り返し、読んでみて、まずは理解することに勤めることであると思う。

私は初心の方より少し先輩なので、偉そうなことをいっている。
玉城仏教がより多くの人に広がっていくことを祈念してやまない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。