スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンセン病「隔離の100年を問う」集会に参加した

昨日の夜は、ハンセン病「隔離の100年を問う」集会に参加した。昨日の朝に、それを知って、急遽予定を入れた。時間がとれたのでよかった。

いままで、この問題については、テレビでのドキュメンタリー番組で見た知識しかなかった。今回、はじめて、この問題の市民集会に参加した。
市民の偏見と差別、また、無関心が、いまのこの問題の状況を生んでいることを知った。私は一市民として、何ができるのだろうか。自問自答する。
今後、この問題に少しでも関心を持つようにしたい。また、集会があれば、参加したいと思う。

以下、その記事。
ハンセン病:「隔離の100年を問う」シンポジウム開催 毎日新聞 2009年11月18日 0時38分

 国の患者隔離政策の象徴である国立ハンセン病療養所が開設100年を迎えたことを巡り「全国ハンセン病療養所入所者協議会」(全療協)主催のシンポジウム「ハンセン病隔離の100年を問う」が17日、東京都内で開かれた。市民ら約800人が参加し、差別や偏見などハンセン病問題の全面解決に向けた課題を探った。

 内田博文・九州大大学院教授は「法律家がらい予防法廃止に全く無力で、報道機関も無関心すぎた」と指摘。全療協の神美知宏事務局長は「結成以来58年活動を続けてきたが、市民の理解が得られなかったため、予防法廃止が遅れた」と語った。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091118k0000m040151000c.html
ハンセン病療養所、設置100年の集会 毎日放送

 国の隔離政策としてハンセン病療養所が設置されてから今年で100年を迎えることを受けて、今後の療養所のあり方を考える集会が都内で開かれています。

 長年に渡る隔離のために入所者の多くが帰る場所を失い、全国に13ある療養所では今もおよそ2500人が生活し、平均年齢は80歳にも達しています。

 療養所をいかに地域へ開放していくかが課題となっていますが、いまだに根強く残る差別や偏見のために、なかなか進まないのが実情で、入所者は「療養所の将来を一緒に考えて欲しい」と訴えています。(17日19:26)
http://www.mbs.jp/news/jnn_4285968_zen.shtml
ハンセン病、隔離から100年 偏見解消求め都内で集会 47NEWS

 ハンセン病患者に対する政府の隔離政策として公立療養所が設置されてから100年を迎えたことを受け、全国ハンセン病療養所入所者協議会(全療協)が17日、都内で集会を開き、いまだに残る入所者らへの差別や偏見を解消するための方策について話し合った。

 集会には、全国13カ所の国立ハンセン病療養所の入所者や遺族らのほか、長妻昭厚生労働相や衆参両院議長ら国会議員も出席。

 ハンセン病をめぐっては、1907年に患者を隔離する法律「癩予防ニ関スル件」が制定され、明治政府は09年に全国を五つのブロックに分け、公立療養所を開設。患者は96年に「らい予防法」が廃止されるまで強制的に隔離された。

 全療協の宮里光雄会長は「未解決の問題の解決を急がなければならない」とあいさつ。(1)差別を一掃する(2)療養所の将来構想を国が明確に示す(3)元患者と地域住民の交流促進を目指すハンセン病問題基本法の理念を忠実に実行する-ことを課題として挙げた。

 全療協によると、全国13の国立の療養所への入所者は1万2千人に上った時期もあるが、今年5月現在は約2500人で、平均年齢は80歳に達するという。
2009/11/17 20:57 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009111701000739.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。