スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終地がそのまま利他であることは全くありえない

とても、うれしく、ありがたいことに、最近、コメントしてくださる方がおられ、よい刺激を受けています。

玉城康四郎の最晩年の著書で、ダンマの働きそのままが利他である、というニュアンスのことばがあります。
私が最初に、おかしいな、と思ったのは、この点でした。

雑な言い方ですが、その行動が利他かどうかは、その行動自体について問われる必要があるのであって、ダンマの働きのままが利他である、という自認する行為が、日常に生きる現実として、そのようになっているかどうかです。

このことは玉城自身も、日常に戻れば、無明の私と認めていますが、どうしたことか、如来の働きの状態にあるままが、利他であると述べています。
如来が利他であることは、誰しも認めることですが、なぜ、如来の働きにある私が利他であるといえるのでしょうか。
如来の働きに状態にある私は、何に基づいて考え、行動するのでしょうか。
もちろん、私に決まっています。
いいえ、そうではなく、無我であるから、如来なのだ、というのでしょうか。驚くべきことに、そのように理解する人が大多数なのです。

玉城は、超格的思惟ということばを使ったことがあります。
私は、これは大分変だなと思いました。如来が思惟するなら、その人は、完全な如来そのものになってしまいます。そんなこと現実には、絶対にありえないことです。

終地の説明に、原始仏典のブッダの不動の確信を挙げて説明しています。
如来は不動の確信といってもよいでしょうが、終地にあるブッダはそうではありえません。自我が存在し、その自我が考え、話しています。人間ブッダです。このことを否定することは、現実を否定し、自身の考えるブッダ像を投影してみているにすぎません。ブッダが自身を如来そのものと考えているとしたら、自身と如来の区別が失われている自我肥大の状態であるといえます。魔の境地のみ、自我肥大と理解することは間違いであって、如来との徹底した体験は、その体験自体が持つ万能感や自身を喪失してしまうという、自我肥大そのものです。正しい悟りの体験であるから、魔の境地とは無縁であると考えることは、大きな誤りであり、大乗経典も、悟りの体験を得た阿羅漢の慢心をきわめて厳しく批判しています。このことは、原始仏典のブッダにも当てはまります。

終地の実態に即して、終地に対する適切な理解が不可欠であると強く思います。
終地に達すれば、ダンマの働きのままであるから、そのままが利他であることは絶対的にありえません。絶対です。
それを実現した玉城康四郎は、特別な人間でしたでしょうか。そんなことはなく、ごく普通の人であると私には思えます。
学者としてどうであったかは、学者ではない私には、わかりませんが、人間・玉城康四郎の姿を思い浮かべてみれば、ごく普通のおじいちゃんではないでしょうか。
そんなことをいうと、すごく怒る人がいるので、困ってしまいます。どうしてなのかな、と思います。

こんなことを以前、聞いたことがあります。
ある人が次のように言いました。玉城康四郎が生きていたら、苦しんでいる人を前にして、その苦しみを取り除き、救うことができるはずだ、と。これを聞いて、私は大変驚きました。と同時に、そう考えるのも当然ありえるのだろうな、とも。まるで、宗教教団の教祖に対するその信者の帰依心に似ていると思えます。それでいいんでしょうか。私はそれに嫌悪感を感じます。

帰依の対象は、如来のみです。もちろん、菩薩でも、諸天、神々でもいいんでしょうが(笑)、終地に達した人に帰依するは、大変怖いことです。

終地は智慧が生じるとか、利他ということも、全くありえません。
玉城が、著書で、そのようなニュアンスのことを述べていようとも、私はそれを完全否定します。ありえません。
もし、それを実現した人が、そのように思ってしまうとすれば、慢心してしまっているのです。
このこと、以前のエントリーで何度も強調して述べましたので、ここでは、繰り返しません。

これはきわめて重要です。

終地は第十地ではないか、という見解が寄せられましたが、私は全くそう思いません。
なぜであるかは、以前のエントリーを読み、理解されている方には、おわかりのことであると思います。

無生法忍を終地である、と理解することは、きわめて重要です。

身体変幻については、『十地経』や『法華経』を挙げて、心理学の知見を借りつつ、説明しました。

また、経典や心理学の知見を借りるまでもなく、終地の達した人の実態がどうであるかを、私たちが、先入観にとらわれないとき、私の先の説明は、受け入れやすいのではないかと思います。
しかし、何らかの先入観があるとき、その説明はきわめて受け入れがたくなってしまうことが多いのです。不思議です。私の力量不足はもちろん、認めますが、宗教が特有の心理的働きが関与するためであると思います。

まずは、終地を適切に理解することが大切です。
経典がどう説いているか気になる人は、以前のエントリーをご覧下さい。
しかし、それよりも、大事なことは、終地を適切に理解して、その終地を目指して、仏道探究の実践を行って、自ら、そこに到達することです。

もっと大事なことは、仏乗を理解し、実践することです。
仏乗とは、以前のエントリーで説明しましたが、ざっくりいうと、阿弥陀仏やビルシャナ仏、釈迦如来などのような法身を完全に実現した報身仏になることをめざし、仏道を歩むことです。

このことは、何か仏教の教えを習わずとも、仏前にてひたすら純粋に帰依する信仰を持っている方であれば、如来から見れば、その道に適っていて、知らずに実践されている人も結構いるのではないかと思います。帰依というのは、教義を信じることではなく、純粋に如来の前で、自然に沸き起こってくる信仰心のことです。

私は、そのような人を尊敬します。玉城康四郎も、その本質は、そういう人ではないでしょうか。

仏教の知識に縛られ、本質から遠く離れてしまうとすれば、仏乗に乗ることができず、反対に、仏乗を批判すようになってしまうことになりかねません。

私はそのような人たちに結構会って来ました。そのたびに失望します。やはり、末法なのだな(笑)と思ってしまいます。

と同時に、私は、本当にすばらしい仏教徒にも会っています。そのような人たちは、純粋に、仏に対する信仰心を持っている、ごく普通の人のことです。仏教の教えはほとんど知りませんが、お寺めぐりを大事にして、日々、お勤めする、ごくふつうの人です。
その人たちこそ、如来の御心に適っていると思います。
私は、そのような人を尊敬しますし、私も、そのようでありたいと思っています。

そうすると、このブログで、ああだこうだといことは、馬鹿げた事かもしれませんね(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。