スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄基地問題を考える

今日は、沖縄基地問題を考える集会に参加した。
いままで、ほとんど関心を持たなかった自分。それではいけないと最近思うようになった。そのなかで、その集会に参加した。

本当に難しい問題であると思った。と同時に、本当の事実と言うものが、マスコミは報道していないこと、政治家の無知、一部の学者の的外れの主張していることがわかった。

たくさんの難しいことはあるが、最も大事なのは、われわれがどうしたいかであることではないか、と思った。

講師の先生は、今日は、 佐藤-ニクソン会談で沖縄返還声明して40年たった日であるといった。偶然そうなったが、何か象徴的なことだといっていた。

なるほど。いま、まさに、そのような重要な時であることは、間違いないだろう。
私たち市民が、これを機会にこの問題を真剣に考え、どのように行動していけばよいのか、探っていくことが求められているのだと思った。
とても難しいが、私も一市民として、この問題に取り組んでいきたい。

おまけ。
あの時のニュース 1950年代、60年代、70年の今日のニュース
佐藤-ニクソン会談で沖縄返還声明
1969(昭和44)年11月21日
 沖縄返還をテーマに佐藤栄作首相とニクソン米大統領が会談し、1972年中に沖縄の施政権を返還することを中心とした共同声明を発表した。しかし、国民の間で既成事実のように受け取られていた「72年中の返還」について、共同声明では明らかにベトナム戦争の終結と絡んでいることを示したほか、日本側が重要課題とした「核抜き、本土並み」については「米国の立場を害することなく」とのただし書きがつけられ、あいまいさを残した。国民の間にも疑惑として残り、中でも沖縄の人たちの表情は複雑だった。沖縄は72年5月15日、日本に復帰した。
http://smcb.jp/snews/back/26125
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。