スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界エイズデー

今日、12月1日は世界エイズデー。はじめて知りました。
世界エイズデー、タイでの取り組みは

 12月1日は世界エイズデーです。日本では、去年1年でHIVに新たに感染した人数は、91年の200人から1000人あまりと、およそ5倍に増えています。一方、同じアジアの国、タイでは14万人からおよそ10分の1に減らしていますが、いまだ1万人を超える多くの感染者が出ています。

 日本とタイ、数の傾向に違いはあるが、若者の感染者が減らないという点で同じ問題に直面しています。タイでエイズを発症した人の現状を取材しました。

 タイの首都バンコクから北へおよそ2時間。「ホスピス寺」と呼ばれる寺があります。こちらの寺では、HIV感染者やエイズ患者など、常に100人以上が暮らしています。

 「一緒に住むとうつる」、そんな知識がないゆえの偏見から家族や地域社会に見放され、行き場を失った人たちが暮らしています。

 「日に日に体調が悪くなり、家族や近所の人に疎まれ、この寺に来ることを決心しました」(女性患者)

 28歳のこの女性患者は、19歳のとき夫からHIVに感染。その事実を知りながら治療を怠ったため、1か月前に発症しました。53キロあった体重は15キロも減り、ほとんどの時間をベッドで過ごしています。

 「冬に死ぬ人が多いけど、この冬を越せれば、もう少し長く生きられるかもしれませんね」(女性患者)

 この寺院のもう1つの取り組みは「啓もう活動」です。正しい知識を持ってもらうため、一般の人々や学生などに患者の居住スペースを公開したり、亡くなった患者の感染経路などを説明したパネルを公開したりしています。

 「エイズ患者の苦しみを知る良い機会です」(見学に訪れた人)

 タイでは、政府が性風俗店などに無料でコンドームを配布したため、新たな感染は徐々に減少しました。また、値段を抑えた薬の開発が功を奏し、死者数も10年前に比べて2割以下にまで減りました。しかし、懸念材料はあります。

 「10代など若者の感染拡大を防ぐことが一番の課題です」(タイ保健省・ノパモンディ副保健相)

 コンドームを使用せず異性と関係を持つ若者が増え、その一方で、HIV検査を受けていないため感染を自覚していない若者がかなりの数に上ると言われていて、その対策を急いでいます。

 「男性も女性も自分の身は自分で守るしかない。HIVに感染すると、家族にも大きな影響があるから」(女性患者)

 もしHIVに感染していても、発見が早く治療を受けながら生活することにより、発病を抑えることができます。まずは検査が大切です。検査は全国の保健所で無料、匿名で受けられます。(01日19:33)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4298087.html

ホスピス寺とは驚きました。すごいですね。進んでいますね。タイって。
エイズの予防や治療について、正しい知識が大切であることが、改めて実感しました。また、偏見についても。
 【「一緒に住むとうつる」、そんな知識がないゆえの偏見から家族や地域社会に見放され、行き場を失った人たちが暮らしています。】と。
辛いですね。偏見によって、排除されていく…。
そのような偏見は一切なくなるように、私たち市民の人権意識の高まりと広がりが求められているのでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。