スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンマ、道(タオ)、『易経』、占い

玉城康四郎先生は老子の言う道(タオ)はダンマと同じであるといっています。
タオとは『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、以下のようにある。
「道(タオ)は、自然とか無為と同義とされ、また陰陽の思想で説明される。道は真理であり、無極(むごく)と呼ばれ、また太極とか太素と呼ばれる。これらの思想は、太極図で示される。朱子学として大成される宋学の形成に重要な役割を担ったのは、この太極図である。」



 太極図 ウィキペディアより。

『易経』は儒教の五経のひとつ。易占で有名。私がこの存在を知ったのは、ユング心理学の本を読んでから。ユングは自著において、共時性の説明に『易経』が採り上げている。ユング派の分析家の本が印象深い。それは、ジーン・シノダ ボーレン著『タオ心理学』である。
この本の影響を受け、自分でも、易で占ってみたことがある。それはとても驚くべき共時性が生じる。自身にとって、とても意味のある卦が偶然に出るのです。私がこれを行ったのは、本当に大事なときだけで、いままで、その回数は数える程度です。『易経』を尊重し、『易経』に聞いてみるのです。その態度は謙虚でなければ成りません。真剣な気持ちで意見を聞くのです。そうすると、『易経』は答えてくれます。ありがたいことに。
占いをバカにしてはいけません。正しい態度で接すれば、すばらしいアドバイスを与えてくれます。真摯さが必要であり、乱発はすべきでないと思います。
私の勝手な考えですけど、仏道と占いは矛盾しません。否定するのはおかしなことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。