スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【如来と二人連れ】は特別なことではない

前回のエントリーで、ダンマの顕現の体験と心理療法的なものとを区別しなければならないと述べた。

玉城康四郎の言う終地は、その人のままに、【如来と二人連れ】となって仏道を歩むことである。それは特別なことではない。誰にでもできることである。

この境地を特別視する人は、聖人になれるとか、苦しみを絶滅できるとか、智慧が働いて正しい行いができるとか、我執・煩悩が根絶されるとか、人を正しく導けるとか、人に役立つことができるとか、というような、自身の願望を投影している。終地の実態を見れば、そんなことはありえない。【その人のままである】ことが事実である。このことをまったく無視して、そんなはずはないと頑として認めない人がほとんどである。本当にどうしようもないなと思ってしまう。

心理療法的な効果を期待するのも的外れである。その効果を得たいのであれば、心理療法家のもとを訪ねるのがよいに決まっている。

終地に達しても、その人はその人のままであるのであるから、心理的な悩みを抱えるのは当たり前のことである。

ユング派分析家のオダージンクは、瞑想者が個人的な心理上の問題を抱え、時に増強されることもあるとし、そのような心理的な課題を解決するのに、ユング心理学は役立つことができるといっている(趣意)。
同じくユング分析家の河合隼雄も、空の意識レベルを体験した人が、心理療法を行えるわけではないといっている。当然のことであるが、この現実を無視してしまう人がかなりいるようだ。

心理療法と仏道は別である。
心理療法を学んだ人が瞑想を心理療法として使うことはありえるのだろう。
瞑想が心理療法の一種であるという俗説は大いに問題であるのではないか。
心理療法家がそれを使うことはありえる。その区別が存在する。
玉城康四郎のいうダンマの顕現に心理療法的な効果を期待するのは、まったく的外れである。

瞑想に心理療法的な効果を期待するならば、井上ウィマラさんの教えるとおりに実行されるのがよいのではないか。私はそれがどうなものであるかはほとんど知らないが。

それを玉城康四郎の説く禅定と同じものであるとしてしまうのは絶対にしてはならないことである。何度もいって、くどいようだが、大事なことなので、強調していっておきたい。絶対にダメである。絶対に。

ただ、その基本は、もしかしたら、通じることはあるのかもしれない。井上さんの言っていることはほとんど知らないが。
私も体験したことがある自律訓練法は、禅定を学ぶ上で、よいと思っている。
とはいっても、それとは別なことには違いがない。

楽が大切である。そこから出発する。
それはいつしか、深まって、貫くようになる。それが解脱である。
心念処から法念処へ、である。涅槃・浄土の実現である。

それが繰り返し体で学んで、習熟すれば、終地となる。
日常においても、如来とともにいることができるようになる。
そのとき、【如来と二人連れ】であるということができる。
これを如来の働きのままであるから、如来の働きのままに考え、行動できるようになると考える人がほとんどである。そんなことはありえないのが実態であるにもかかわらず。
その人が考え、行動しているのである。
ただ、その人が考え、行動しているのであっても、如来とともにいるということが、それを実現していない人との違いにすぎない。
だから、特別なことがあるわけではない。

これを聞き、「なんだ、如来のように生きることはできないのか。意味ないじゃん」という人がたくさんいるのではないか。
そのようなことをいう人は、本当の仏道というものを知らないのである。

【如来とともにいること】こそが仏道の基本・根本であることを知らないのである。

仏道の基本・根本を無視して、その実現の実態を無視した、自陣の願望を投影する効果を期待することは見当はずれである。

仏道の基本の実現のために、仏道の探究をするのが本来ではないか。そうではないのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。