スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色の身体の獲得を目指す道

何もしないこと。無為自然。ダンマの炎が立ち上り、業熟体を焼き尽くす。
これは密教の内護摩といえるかもしれない。
『法華経』において、焼身供養が語られる。これはその内護摩に相当するのであろうか。
一切衆生喜見菩薩は『法華経』により、現一切色身三昧を得た。神通力による供養よりも、自身の身体を燃やす供養によってこそ、如来への供養となると思い立ち、実行する。それを諸仏は褒め称える。その菩薩は生まれ変わって、またその地に生まれ、その地にいる如来に会い、『法華経』を譲り受ける。
これが『法華経』の相続者になることである、そのプロセスをこの経典は示している。

このことは以前のエントリーで。5年まえに書いたものとして紹介した。そちらではある程度詳しく説明しているので、関心のある方は、ぜひ、ご覧下さい。

如来より『法華経』を譲り受けたその菩薩は、弟子たちを指導するわけだが、その最中に、腕を燃やすという供養をしながら、そのようにする。弟子たちに現一切色身三昧を得させたとき、この菩薩の身体は金色となる。
これが『法華経』の教える【金色の身体の獲得】である。
これは『法華経』の説法者・指導者となることができたことを表しているものと私は理解する。

このことも以前のエントリーで同じく紹介した。

先の三昧は終地の実現に相当すると私は理解する。玉城康四郎の説明では、終地の実現はダンマの相続者としているが、このままでは、『法華経』の相続者とはなっていないことになる。
焼身供養というイニシエーションによってこそ、新生し、そのようになるのである。『法華経』はそれを教えている。

焼身供養とは何かについては、五年前の記事に書いた。
ここでは、端的に言うと、浄土のあり方から決然として離れ、ひとり主体的に、さらなる進歩を目指し、自己を生贄に捧げることである。これはおそらく、身を焼くというような苦痛を伴う、新生のためのプロセスであろう。
その道を選択するのはその者の意思、自我による。
単に、浄土に安住するあり方に留まっていては、そのプロセスを身を投じることにはならない。

浄土での安住は、もちろん、いずれ、その人たちも、必ず、報身仏となるわけであるが、先の菩薩のように、あえて、その道を歩むという行き方もある。経典はそれを教えている。

この菩薩は実は薬王菩薩の前世の姿であったと経典は明かす。
金色の身体を得た『法華経』の法師である薬王菩薩は、過去のその修行の因縁があったのだ、と。

地湧の菩薩たちも金色の身体を持っている。彼らは久遠実成の釈尊より、指導を受けて、そのようになっているという。かれらが『法華経』を説き、広めるという。
これは、この娑婆世界において、そのような身体を持つ者が現れて、『法華経』を説き、広めるだろうとこの経典は教えているのだろう。

娑婆世界に生まれたわれわれにも、その可能性が具わっていると私は理解する。
もし、われわれが、仏道の指導者、『法華経』の法師になることを目指すのであれば、そのようになれる可能性があるのだろうと思う。誰しも、そのようになれるかどうかは私にはわからないが。

ダンマの顕現を得たという程度で指導者面して人を指導するのは、この教えていることに則って言えば、まったくのナンセンスということになる。終地についても、もちろん、そうである。

仏教の学者や僧侶という、いわばその専門家が、『法華経』の教える指導者になるために努力することが本来すべきことではないかと私は思うのであるが、どうなのか。私のような素人がそのようなことをいうのは、僭越な物言いであるが。

少なくても、終地は実現すべきではないか。
驚いたことに、私の知る、ある人は、性急のあまり、終地でないのに、終地であるかのように自認していると私には思えた事態を見た。私の誤りかもしれないが、私にはそう見えた。もし、それが事実であるなら、こんな悲惨なことはない。恐ろしいことである。

そのようなことをできるだけ回避できるために、その参考として、私は過去、終地を実態とそれを乗り越えていくことを勧める記事を書いた。五、六年前のことである。
いまも、それは当てはまるのではないかと思う。

終地以上の道程をしっかりと視野に入れて、現実に根ざした、地に足が着いた学びが大切ではないか思う。
それなしの、わけのわからない難解な論書などを読み、学ぶことに、何の益があるのか、私にはまったく理解できない。今後もそれに関心を持たないだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。