スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南無妙法蓮華経と申すは、法華経の心なり、体なり

ある本をパッと開いてみたところ、次のようなことばがあった。

南無妙法蓮華経と申すは一代の肝心たるのみならず、法華経の心なり、体なり、所詮なり。

 日蓮『曽谷入道殿御返事』より。

南無妙法蓮華経が法華経の根本であり、究極のもの、と。

ところで、玉城康四郎は仏道の根底を探究し、仏教の原点である原始仏典のブッダの教えを引いて、如来を憶念すること(念仏)が仏道の根本であると説明した。
その念仏は禅定と同じあることを玉城は著書のなかで説明したことはご存知のことだろう。

念仏も唱題も、この仏道の根本に基づいていれば、同じである。
玉城康四郎は、日蓮と親鸞は【ダンマが業熟体に顕わになる】という目覚めにおいて、よく似ているという趣旨を著書のなかで述べた。

玉城康四郎は念仏でも唱題でも坐禅でも、気長に行じていけば必ず、確定した境地に達することができるだろうと述べた。
それらは、適切に行じられれば、必ず、終地に達することができるだろう。

いうまでもなく、南無妙法蓮華経とは正法であり、ダンマである。
それを護持することが護法である。

終地に達し、わが身体が宝塔、つまり、法身となったと、それを即身成仏であると思ってはならない。
それは単に生身得忍にすぎない。
発心し、『法華経』が説く『法華経』の相続者になるためには、さらに進んでいかなければならないだろう。

われわれが現実に、『法華経』の相続者になることができないとしても、『法華経』ともに道を歩んでいくことは誰にでもできることである。

その人のままに、『法華経』・ダンマといっしょに仏道を歩んでいくことである。これは特別なことではない。
ごく普通の人のごく普通の仏道である。終地の実現とはそのようなものである。仏乗に乗るということはそういうことである。

『法華経』の真意はそのようであると私は理解する。
現代の『法華経』の学びは、そこから開始されるべきではないか、と私は考える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。