スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿羅漢の境地と玉城康四郎の境地の違い

『大法論 12月号平成26年』 p.68 井上ウィマラ氏の文章を引用させていただく。

解脱の最終段階は阿羅漢と呼ばれ、欲望を超えた微細な身体をもつ世界への執着、精神だけの世界への執着、プライド、心の浮つき、無明という残りの束縛がすべて乗り越えられている。人々からの「供養を受けるのに値する人」というのが阿羅漢の原義だ。世間的な善悪の価値観から解放されているため、自然に世間を捨てた人(出世間)的なライフスタイルを選ぶようになる。善いことをしても「善いことをした」というこだりわりがない。



この文章を読み、ふーん、そういうものなのかな?…。常人離れした超人みたいだなあと思ってしまった。

ところで、過去、某人が井上ウィマラさんなどのいう阿羅漢の境地と玉城康四郎の境地を同じと考えている様子をみて、私は正直、強い違和感を感じたことがある。
業熟体に身をもって取り組んだ玉城は、超人などではなく、私たちと同じ常人であり、常人のままにブッダの境地を実現した。
玉城自身、自身の著書で、ブッダの実現した禅定の境地と自分のものとではその器と規模が雲泥の差の程大きくちがうが、その本質とするものは全く同じと述べている。そして、誰でも正しく学び実践すればその境地に到るといっている。
また、玉城は、修行者は初地、中地、終地という3つの段階の道程を一般的に辿る、と説明している。その終地は仏乗であるとしている。
以上のことからして、両者を同じとみる某人の見解に疑問を向けざるを得ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。