スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性原理と女性原理

男性原理と女性原理

 禅定における男性原理と女性原理について少しだけ考えて見ましょう。それは先の没入と否定とは違うので注意が必要です。
 浄土の胎生往生にあるように、禅定の初歩において、如来の働きに包まれる状態となることが多いようですが、この「如来の包まれ」によって次第に、如来の働きが体に馴染んでいき、ついには、如来に貫かれる状態となっていきます。この「如来の貫き」が無生法忍ということになります。ただし、これを一度体験すればよいというのではなく、禅定のたびにそのようになるように訓練する必要があります。訓練によってその安定した状態が実現したとき、それを玉城康四郎のいう終地ということになります。この「如来の包まれ」は女性原理であり、「如来の貫き」は男性原理ということになります。ただし、ここでは、禅定においてのダンマの働きの側面を男性性と女性性として表現しているのであって、心理学のいう男性性と女性性と同じとするべきではないでしょう。イメージによって表現するならば、蓮華に包まれることから、蓮華が開いて、そこに金剛杵が立っている状態、蓮華座の上に金剛杵が立っている状態が無生法忍ということになります。これは密教に関係することですが、それは後で述べます。蓮華は女性性であり、金剛杵は男性性です。蓮華を金剛杵で貫くという男女交会が浄土の子の誕生となっています。意生身を持った浄土の子です。その身体は浄土そのものとなっているのです。このことを解脱といい、クンダリニーが体を貫いて頭頂の梵孔から出て行くことに相当することになります。現世において実現すれば、ヨーガでは、生きながらに解脱する者といわれ、仏道ではそれを生身得忍といい、この身のままで、無生法忍の実現であり、大乗経典の説く如来の大解脱とは全く別となります。如来のみが法身を実現しているのであり、それ以外は、法身の働きとともにする意生身であるということになります。その意生身の報身化、つまり法身の実現を目指して求道するのが大乗の説く仏道ということになります。
 この理解ができていないと、原始仏典の悟りと大乗の悟りを同じと考えてしまい、混乱してしまいます。そのことは密教についても当てはまるのであり、ダンマの体験を得れば、成仏であるなどと考えてしまうような驚くべき誤認を抱く人が出てきてしまうのです。密教経典の現世において成仏するということば、一体どのレベルの解脱であるかとの検討なしに、勝手な思い込みで解釈してしまうと大きく間違ってしまうことになってしまうでしょう。
 話しを元に戻すと、蓮華を金剛杵が貫くという解脱は無生法忍であるのですが、これをもって男性性と女性性の結合という聖婚の成就と考えてしまってはいけないことはもちろんのことです。この禅定の実現がそのまま聖娼や女神のイメージと関係を築くものではないからです。『法華経』の舎利弗が無生法忍を実現したにもかかわらず、竜女を見下すことがそれを表しています。その関係を築いていくことが必要であることをあらわしているということもできるでしょう。
 また、ダンマの貫きが貫きという点において、男性的であるということはできるかもしれませんが、それがそのまま、見抜く、または、否定するというアニムス的な働きを意味するものではありません。ただし、このダンマの貫きの実現は、『十地経』の諸仏が修行者にアニムス的な否定や見抜く働きを修行者に求めているのです。つまり、それはダンマの貫きはアニムス的な働きを要請しているのであり、その機能を働かせない場合、アニマ的な世界へと没入するだけとなってしまい、現実との関係が築けないことになってしまうのです。アニマ的な世界を大事にしながらも、そこから出ることや切るアニムス的な働きが求められるのです。玉城康四郎のいう終地を実現した舎利弗は自らの没入に対して、否定し、見抜くことができなければなりません。竜女の背後には、智剣を持つ文殊菩薩がいるのです。

(※5年まえに書いたものを掲載)
これも書き直したい所がありますが、このままにしておきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。