スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極愛一子地

極愛一子地

 極愛一子地に達するためには、どのように学んだらよいというのでしょうか。
『涅槃経』には、慈悲喜を修することによって、極愛一子地に住することができるといいます。
慈の成就とは最も愛しい者と最も憎い者に等しく、最上の楽を与えることができることをいうといいます。しかし、これは慈の成就とはいえるが、大慈とはいえない大慈とは一闡提に対しても、心に差別なく、その過を見ることなく、怒らないことができることをいうといいます。

人の心は調伏しがたい。怒りの心が去りがたいことはまるで犬が家を守りそこを離れないようであり、慈心の失いやすさはまるで野鹿が去るようにあっというまである。一日中、心を整えて、気をつけていても、調伏することが難しい。
それは、過去の無量劫において、多くの煩悩を集めて、善を実践することがなかったからであるといいます。

 大慈とは衆生の無利益を除くこと。大悲とは衆生に無量の楽を与えること。衆生の喜びに歓喜することであるといいます。この大慈如来ともいうといいます。仏道者の究極の目標はこの大慈の実現でもあるといえるでしょう。

 ちなみに、『楞伽経』では、この極愛一子地に住し、常に衆生とともにし、衆生の仏道の教化に尽くす菩薩のことを菩薩の一闡提といいます。一闡提が成仏するまでともにあるというからです。

 この極愛一子地の説法は非常に重要であり、原始仏典の四無量心と大乗の『涅槃経』が説く四無量心と違いを明確にしています。

(5年まえに書いたもの)

慈の成就でさえ、人間離れしている。とても、われわれができそうもないこと。慈の成就より、さらに上に、大慈がある。大慈は如来である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。