三井環・元公安部長、出所後初講演に参加しました。

今日、三井環さんの講演を聴きに行きました。
なかなか、貴重な話が聞けました。
かなり人数が集まりました。みなさんのこの問題の関心が高いようです。
アジア記者クラブで、その講演がDVDにされる予定であるといっていましたから、関心のある方は、後で、その案内がアジア記者クラブのHPに掲載されるかもしれないので、ころあいのよい頃に、チェックしてみてください。
http://apc.cup.com/

2010/02/19 アジア記者クラブ~三井環・元公安部長、出所後初講演

■「検察には小沢幹事長を攻撃しないといけない理由がある」 
  三井環・元公安部長、出所後初講演

「けもの道」。後藤田正晴元法務大臣が戦後最大の検察疑獄になりかけていた事
件のもみ消しを検察首脳に懇願され、要請を受け入れた選択肢を形容した言葉だ
という。2001年、後藤田事務所に時の原田明夫検事総長と松尾邦弘法務事務
次官が駆け込み、検察の裏金作りで刑事告発された大阪地検加納駿亮検事正の事
件のもみ消しを依頼したことは業界内では広く知られている。この事件の翌年4
月22日早朝、鳥越俊太郎氏の番組『ザ・スクープ』で検察の裏金作りの実態を
内部告発するために自宅を出た三井環大阪高検公安部長が逮捕された。朝日新聞
が翌日の朝刊1面トップに検察現職幹部による裏金内部告発の予定稿を組んでい
たという事件だ。あれから8年。2月定例会ゲストに、1月18日に静岡刑務所
を出所したばかりの三井環さんをお招きして、自らの口封じ逮捕と懲役刑への反
撃、告発されれば検察幹部70名が懲戒免職になっていたといわれる「けもの
道」に至る経緯、検察の裏金作りの実態、自民党との癒着から繰り返されてきた
国策捜査のカラクリを明らかにします。さらに小沢民主党幹事長への執拗なまで
の検察の攻勢が、取り調べの可視化や裏金作りの露見に危機感を覚えた検察の焦
りの表れだという自説まで、余すことなくお話していただきます。

緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方

【緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方】が開催されるそうです。
もし、興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。
より多くの参加者があるほど、検察、マスコミに対する大きなプレッシャーを加えることになります。
関心のある方は参加しませんか。ぜひとも。

緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方- 月刊「創」ブログより、以下、転載。

■■■■■■■■■ 転載 ■■■■■■■■■

緊急シンポ!「小沢VS検察」にみる検察と報道のあり方

 大きな山場を迎えた「小沢VS検察」問題ですが、この戦いはいったい何だったのか、そして報道のあり方をめぐって何が問われたのか。徹底討論を行う緊急シンポジウムを開催します。ふるってご参加下さい。
出演者:三井環(元大阪高検公安部長)、鈴木宗男(国会議員)、上杉隆(ジャーナリスト)、青木理(ジャーナリスト)、元木昌彦(元『週刊現代』編集長)、他

【日時】(※追記)
2月26日(金)18時半~21時。開場18時

会場:文京区民センター3階A(文京シビックセンターとは別ですのでご注意下さい)
http://www.cadu-jp.org/notice/bunkyo_city-hall.htm

入場料:500円

会場定員は約250人ですが、もし座席を確実に確保したい方は、「創」のホームページhttp://www.tsukuru.co.jp/kensatsu.htmlにアクセスして予約をして下さい。

 検察が政局を左右するという異常な状況をどう考えるのか、そしてそのなかでマスコミ報道が危うさを露呈したことをどう考えるのか。その2つの大きなテーマを議論します。
 特にマスコミ報道をめぐっては、検察リークについてこれまでなされた議論を超える形で批判が相次いだのが今回の特徴です。これは恐らく新聞・テレビの世論への支配力が相対的に落ちたためで、ネットを含む多様な言論がひとつの状況を作りだした結果といえます。 
こうした議論については新聞なども無視するわけにはいかず、例えば東京新聞では特報面で何度か特集を組んだり(1月23日他)、1月31日には佐藤敦社会部長による〈「リーク批判」に答えて〉という異例の見解が掲載されました。その中で佐藤部長はこう書いています。〈「検察リーク」の批判は、自民党政権時代の疑獄事件の際にも、同党側から上がっていました。今回の特徴は、かつて「政治とカネ」について厳しい論陣を張ってきた識者、ジャーナリストたちからも同様の批判が聞かれることです〉
 この「検察リーク」批判は『週刊朝日』など幾つかの週刊誌やネットで大きな声になっており、それに新聞が紙面を使って反論するという形で論争になりつつあります。新聞・テレビの報道をめぐってこんなふうに批判を含めた議論ができるというのは、市民のメディアリテラシーを鍛えるという点では非常によい機会で、これを機にもっと大きな議論がなされる必要があります。
 2月26日のシンポジウムには新聞労連や日本ジャーナリスト会議などにも呼び掛けて、ジャーナリズムに関わってきた人たちも巻き込んで議論を行いたいと思っています。ぜひ参加してください。

「ガザ虐殺を繰り返させないための共同声明」賛同者募集

イスラエルの大規模攻撃から1年、ガザに追悼サイレン響く 写真9枚 国際ニュース _ AFPBB News

「封鎖失業者」に働く希望を=経済荒廃のガザ、JICAが支援 時事


市民団体が「ガザ虐殺を繰り返させないための共同声明」の賛同者を募集しています。
私は市民団体に所属しているわけではありませんが、一市民として賛同しました。
みなさんも、もし、よろしかったら、ご賛同下さい。
以下、そのHP
ガザ虐殺を繰り返させないための共同声明

築地本願寺にガザ解放を願うともしび


東京・築地本願寺に26日、「FREE GAZA」の文字が浮かび上がった。各国の人権団体で構成する「ガザに光を!実行委員会」が主催したイベントで、築地本願寺が宗教の枠組みを超えて協力した 【時事通信社】
築地本願寺にガザ解放を願うともしび 時事


築地本願寺に200人以上の参加で開催されました。初めに古居さんからガザの報告を受け、雨宮処凛さんとの対談がおこなわれました。雨宮さんからガザに行ってみなくては、との発言に大拍手。これから、外でキャンドルアピールです。(里見羊 12月26日)
ケータイ報告 : ガザ攻撃一年パレスチナに光を!集会 レイバーネット

上記のイベントの案内は次のようであった。

ガザ攻撃から1年
パレスチナに生命の光を!
現地報告&キャンドルでつくるFREE GAZA
■ジャーナリストの古居みずえさん、作家の雨宮処凛さんが出演

【日時】 2009年12月 26日(土)14:00~16:30
   17:00から屋外でキャンドルを灯します
    ※キャンドルからの参加も可能です
【会場】築地本願寺 第二伝道会館「蓮華殿」

主催:ガザに光を!実行委員会 ※実行委員会は以下の団体で構成されています。
(特活)アーユス仏教国際協力ネットワーク/社団法人アムネスティ・インターナショナ
ル日本/在日本韓国YMCA/(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)/日本聖公会東京教区「エルサレム教区協働委員会」/日本YWCA/(特活)パレスチナ子どものキャンペーン/パレスチナの子供の里親運動/ピースボート/(特活)ヒューマンライツ・ナウ

協力団体:浄土真宗本願寺派築地別院/浄土真宗本願寺派東京教区基幹運動推進委員会


ガザ攻撃から1年 パレスチナに生命の光を! _ AMNESTY INTERNATIONAL JAPANより一部抜粋。


私も、一市民として参加しました。
集会開始時間より少し早めに行って、ご本尊を拝むことにした。
ちょうどいいタイミングで、ご僧侶が参られ、読経が開始された。
その読経のすばらしさに感動した。さすが、プロだな。たいしたものだと思った。
その読経の音声により、恍惚となった。最近、だいぶ疲れていたので、その疲れが一気に癒された気持ちとなった。
本当にいいものだ。身心が癒され、清められた。
ご僧侶の生き方は私には縁遠いが、ある面、憧れはある。そのような生き方も、過去を振り返ると、ありえたのではないかとふと考えてしまった。

読経は15分ぐらいであっただろうか。その終了とともに、集会の会場に向かった。

古居みずえさんの報告がまず最初になされた。
映像をまじえて語られた。以前、NHKで放送されたもの。
その映像を見て、何ともいえない感情に支配された。言葉が出ない。

次に、古居みずえさんと作家の雨宮処凛さんの対談となった。
雨宮さんからは、貧困問題を視点にした「自尊心の不在」について語られた。その点において古居みずえさんも共通したものがあると同感されていた。
お二人の対談を聞き、反戦と反貧困はつながりえる可能性があるといえるのかもしれないと思った。今後の市民運動がどのような展開をみせるのか、個人的に期待する気持ちが生じた。

集会を終え、次は、キャンドルアピール。
キリスト教、イスラム教、仏教の関係者が各々、マイクわ握り、ガザ解放のアピールをした。
最後に、黙祷。
ガザで失われた命への悼み、ガザで暮らす人々が一刻も早く、いまの窮状から脱するように祈った。
ガザの惨状、窮状を見捨てることはできないと集まった人々。
そして、その気持ちから、キャンドルを灯して、ガザの解放を心から祈る人々。
この祈りがガザの解放へと向かわせる力になるようでありたい。

この垣根をこえた宗教の協力の下で、平和を望む力が世界を覆うようであってほしいと心から願う。
この取り組みが今後の平和へと向かう力強い運動となることを期待し、私も、そのなかで、少しでも、何か役立つことができるようでありたいと思う。

12月25日、クリスマスの翌日の今日。新たな始まりとしたい。神・如来よ。ご加護を。



[追記]
NPJを見てみたら、このイベントの詳細な報告が載せられているブログが紹介されていました。

興味のある方は、ぜひ、そちらを見てください。Rolling Beanさんのブログ「Like a rolling bean (new) 出来事録」。以下。
12月26日の「ガザ攻撃から1年!パレスチナに生命の光を!」イベントへの参加報告|Like a rolling bean (new) 出来事録 Like a rolling bean (new) 出来事録

イラク戦争検証求める NGO8団体 「独立調査委を」

イラク戦争検証求める NGO8団体 「独立調査委を」 赤旗

米機でテロ未遂、アルカイダか 本土上空で爆破狙う、犯人拘束 東京
プロフィール

パン

Author:パン
玉城康四郎を尊敬する無宗派大乗仏教徒。一仏乗依拠。
終地の禅定を重視するが、多神教的であるアニマ・魂を尊重したい。また、自我の現実世界での役割も重視したい。
リベラル。無党派大衆運動を支持します。
会社員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム